ボッパルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
紋章 地図
Wappen von Boppard
基本情報
連邦州: ラインラント=プファルツ州
郡: ライン=フンシュリュック郡
面積: 75.13 km2
緯度経度: 北緯 50度13分54秒
東経 07度35分28秒
標高: 海抜 74 m
人口:

15,369人(2020年12月31日現在) [1]

人口密度: 205 人/km²
郵便番号: 56154
市外局番: 06741, 06742, 06745
ナンバープレート: SIM
自治体コード: 07 1 40 501
市の構成: 10 街区
市庁舎の住所: Karmeliterstr. 2
56154 Boppard
ウェブサイト: www.boppard.de
E-Mail: stadt@boppard.de
行政
市長: ヴァルター・ベルシュ (Dr. Walter Bersch) (SPD)

ボッパルト(Boppard)市は、ドイツ西部のラインラント=プファルツ州に属する市。ボンから東南におよそ70kmのライン川沿岸に位置する。面積はおよそ75平方km。人口はおよそ1万6500人。ワインの産地としても有名。

歴史[編集]

ローマ帝国の時代、恐らく皇帝クラウディウス治下(紀元後41‐54年)、ローマ軍の城砦が築かれたと思われる[2]。ボッパルトの考古学公園(Der archäologische Park Boppards)においては、4世紀に遡る城砦の極めて保存状態の良い遺跡を見ることができる[3]。その地の「軍隊浴場に、軍隊の撤退後に、しかしまだローマ時代のうちに、聖堂区聖堂が建立された」[4]。メロヴィング王朝以後、王領地となり、11世紀ハインリヒ4世は市場開設地を置いた。ホーエンシュタウフェン家は強力な軍事拠点にした[5]。「ローマ時代の防備設備は存在し続けた。1200年と1250年の間の時期になって初めて、周壁の修復と都市の中心部の拡大とが必要になった」[4]。中世において市の統治機構である「市参事会は五人の貴族的騎士参事会員、十二人の市民的会員、そして都市書記で構成されていた」[6]

日本とのかかわり[編集]

フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトがここで生活し「日本文書」を著した。また平成5年(1993年)には、明仁天皇皇后美智子(いずれも当時)が訪れた。また、1965年(昭和40年)に、日本東京都青梅市姉妹都市提携を結ぶ。

姉妹都市[編集]

名所・旧跡[編集]

  • 考古学公園(ローマ帝国時代の城壁が見られる)
  • ボッパルト城
  • カルメル教会
  • 聖セヴェルス教会

出身者[編集]

引用[編集]

  1. ^ Statistisches Landesamt Rheinland-Pfalz – Bevölkerungsstand 2020, Kreise, Gemeinden, Verbandsgemeinden
  2. ^ Michael Imhof / Stephan Kemperdick:  Der Rhein. Kunst und Kultur von der Quelle bis zur Mündung. Darmstadt: Wissenschaftliche Buchgesellschaft 2004 (ISBN 3-534-17215-9). S. 108.
  3. ^ de:Baedeker: Deutschland. Ostfildern: Karl Baedeker 8.Aufl. 2005 (ISBN 3-8297-1079-8), S. 910.
  4. ^ a b エーディト・エネン『ヨーロッパの中世都市』(佐々木克巳訳)岩波書店、1987年、(ISBN 4-00-002373-X) 、38頁。
  5. ^ Lexikon des Mittelalters. Bd. II. München/Zürich: Artemis 1983 (ISBN 3-7608-8902-6), Sp. 444 (Beitrag von R.Kaiser).
  6. ^ エーディト・エネン『ヨーロッパの中世都市』(佐々木克巳訳)岩波書店、1987年、(ISBN 4-00-002373-X) 、165頁。
  7. ^ 独ボッパルトの木で収穫のブドウのワイン 青梅市で販売開始”. 産経ニュース (2022年1月25日). 2022年1月25日閲覧。

外部リンク[編集]