ボウフウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボウフウ
防风.JPG
唐慎微著『大観本草』より
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : キキョウ類 campanulids
: セリ目 Apiales
: セリ科 Apiaceae
: ボウフウ属 Saposhnikovia [1]
: ボウフウ
S. divaricata [2]
学名
Saposhnikovia divaricata (Turcz.) Schischk. (1951) [2][3]
シノニム
和名
ボウフウ

ボウフウ(防風 Saposhnikovia divaricata)とはセリ科草本の一種。

中国東北部から華北原産の多年生草本。花期は8-9月頃で白い小花を咲かせる。

生薬[編集]

根および根茎は防風(ボウフウ)という生薬で日本薬局方に収録されている。防風には発汗、解熱、鎮痛、鎮痙作用があり、十味敗毒湯防風通聖散などの漢方方剤に使われる。

ボウフウの名を持つ植物[編集]

やや大型で根の太いセリ科植物には、エゾボウフウイブキボウフウカワラボウフウボタンボウフウハマボウフウアメリカボウフウなど「○○ボウフウ」と名づけられたものが多い。

しかし、これらの植物はボウフウとは別属であり、薬として使用されることもなく(薬になる物もあるが薬効は防風とは異なる)、植物学的にも薬用としてもボウフウとは無関係である。

脚注[編集]

  1. ^ 米倉浩司 『高等植物分類表』 北隆館、2010年、重版。ISBN 978-4-8326-0838-2
  2. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Saposhnikovia divaricata (Turcz.) Schischk.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2012年8月12日閲覧。
  3. ^ "'Saposhnikovia divaricata (Turcz.) Schischk.". Tropicos. Missouri Botanical Garden. 2012年8月12日閲覧. 
  4. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Saposhnikovia seseloides auct. non (Hoffm.) Kitag.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2012年8月12日閲覧。
  5. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Ledebouriella divaricata (Turcz.) M.Hiroe”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2012年8月12日閲覧。
  6. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Ledebouriella seseloides auct. non (Hoffm.) H.Wolff”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2012年8月12日閲覧。
  7. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Siler divaricatum (Turcz.) Benth. et Hook.f.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2012年8月12日閲覧。

外部リンク[編集]