ニコライ・トゥルチャニノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニコライ・ステパノビッチ・トゥルチャニノフ

ニコライ・トゥルチャニノフ(Николай Степанович Турчанинов 独:Nikolai Stepanowitsch Turtschaninow、英:Nikolai Stepánovich Turczanínow、1796年5月頃 - 1864年1月7日ユリウス暦:1863年12月26日))は、ロシア帝国の役人、植物学者である。ロシアの多くの新種植物を発見した。

略歴[編集]

ベルゴロド州のBiryuch近くのNikitowkaで地主の家に生まれた。幼い頃から自然が好きで、標本をつくっていた。ハリコフ大学で学び、1814年に18歳で博士号を得て卒業した。サンクト・ペテルブルクにでて法務省、財務省で1828年まで働いた。1825年には植物学に関する論文を書いた。1928年にイルクーツクの役所で働くようになり、バイカル湖の動物を研究することができた。イルクーツクで1000近くの植物を記述した、"Catalogus plantarum in regionibus Baicalensibus et in Dauria sponte crescentium"を発表し、この功績から1857年に帝国サンクトペテルブルク科学アカデミーの歴史ある賞であるデミドフ賞を受賞することになる。

1830年に科学アカデミーの会員となり、植物学の研究に従事することを許されるようになり、1835年までシベリア東部の調査を行った。1837年に役人の仕事に戻り、1845年まで働いた。退職後はアゾフ海近くのタガンログで暮らし、標本館を作った。老後は、人を使って標本を集め、分類と記述を行った。

キンポウゲ科Pulsatilla turczaninovii(和名:ホソバオキナグサ)やカバノキ科クマシデ属Carpinus turczaninovii (和名:イワシデ)に献名されている。

Turcz.は、植物の学名命名者を示す場合にニコライ・トゥルチャニノフを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

参考文献[編集]

  • B. Wwedenski u. a.: Bolschaja sowetskaja enziklopedija: Tom 43. Isd-wo Bolschaja sowetskaja enziklopedija, Moskau 1956, S. 514 (russisch)