ホープバス協同組合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホープバス協同組合
種類 協同組合
本社所在地 日本の旗 日本
731-2104
広島県山県郡北広島町大朝2487番地
設立 2003年6月18日
業種 陸運業
法人番号 3240005004192
事業内容 貸切バスの共同配車事業、旅行業
代表者 代表理事 松田直志
資本金 600万円
主要株主 大朝交通
八重タクシー
豊平交通
総合企画コーポレーション
壬生交通
外部リンク http://www.tabi-to.com/
テンプレートを表示

ホープバス協同組合(ホープバスきょうどうくみあい)は広島県山県郡北広島町に拠点を置く貸切バス事業者5社の共同出資により設立された事業協同組合である。

事業内容[編集]

  • 貸切バスの共同配車事業
    • 加盟各社の貸切大型バスのボディデザインは共通化されており、「HOPE LINER」で統一されている。
  • 旅行業(たびーと)

近年では、時折オリオンツアー主催の高速ツアーバスの受託運行を行っていたが、2013年7月の「新高速バス制度」施行に伴い運行から撤退した。2018年シーズンはオー・ティー・ビーからの受託でオリオンバス 広島〜東京線の臨時便を運行。

事業所[編集]

沿革[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]