ホテル・ムンバイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホテル・ムンバイ
Hotel Mumbai
監督 アンソニー・マラス英語版
脚本 ジョン・コリー英語版
アンソニー・マラス
製作 ベイジル・イヴァニク英語版
ゲイリー・ハミルトン
マイク・ガブラウィ
ジュリー・ライアン
ブライアン・ヘイズ英語版
シヴァーニー・ラーワト英語版
製作総指揮 ケント・クベナ
ジョナサン・ファーマン
ライアン・ハミルトン
イン・イェ
マーク・モントゴメリー
デーヴ・パテール
ジョン・コリー
ジョゼフ・N・コーエン
ゲイリー・エリス
出演者 デーヴ・パテール
アーミー・ハマー
ナザニン・ボニアディ
ティルダ・コブハム=ハーヴェイ英語版
アヌパム・カー
ジェイソン・アイザックス
音楽 フォルカー・ベルテルマン
撮影 ニック・レミー・マシューズ英語版
編集 ピーター・マクナルティ英語版
アンソニー・マラス
製作会社 サンダー・ロード・フィルムズ
アーチライト・フィルムズ
エレクトリック・ピクチャーズ英語版
エグゼイド・エンターテインメント・グループ
シヴハンズ・ピクチャーズ
スクリーン・オーストラリア英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 ブリーカー・ストリート
オーストラリアの旗 アイコン・プロダクション英語版
インドの旗 ジー・スタジオ英語版、パーパス・エンターテインメント
日本の旗 ギャガ
公開 世界の旗 2018年9月7日TIFF
オーストラリアの旗 2019年3月14日[1]
アメリカ合衆国の旗 2019年3月22日[2]
日本の旗 2019年9月27日[3]
インドの旗 2019年11月29日
上映時間 125分[4]
製作国 オーストラリアの旗 オーストラリア
インドの旗 インド
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $17,300,000
($25,000,000AUD)[5]
興行収入 世界の旗 $21,314,816[6]
アメリカ合衆国の旗 $9,651,611[6]
日本の旗 1億5000万円[7]
テンプレートを表示

ホテル・ムンバイ』(原題:Hotel Mumbai)は、2018年オーストラリアインドアメリカ合衆国アクションスリラー映画[8][9][10]。監督はアンソニー・マラス英語版、脚本はマラスとジョン・コリー英語版が共同で執筆している[11]。2008年に起きたムンバイ同時多発テロの際、タージマハル・ホテルに閉じ込められ、人質となった500人以上の宿泊客と、プロとしての誇りをかけて彼らを救おうとしたホテルマンたちの姿を描いており[12][13]、同事件を題材にした2009年のドキュメンタリー『Surviving Mumbai』からインスピレーションを得ている[14][15]デーヴ・パテールアーミー・ハマーナザニン・ボニアディアヌパム・カーティルダ・コブハム=ハーヴェイ英語版ジェイソン・アイザックススハイル・ネイヤー英語版ナターシャ・リュー・ボルディッツォが出演している。

2018年9月7日に第43回トロント国際映画祭英語版でプレミア上映が行われ、10月10日にアデレード映画祭英語版でオーストラリア・プレミア上映が行われた。オーストラリアでは2019年3月14日、アメリカでは同月22日、インドでは11月29日に公開された。

ストーリー[編集]

2008年11月26日、インドムンバイタージマハル・ホテルに勤務するウェイターのアルジュンは普段と同じように出勤し、料理長オベロイはスタッフたちに指示を出していた。この日のホテルにはイラン人の富豪令嬢ザーラとアメリカ人の夫デヴィッド、乳児キャメロンと乳母サリー、そして元スペツナズ隊員ワシリーなどのVIPが宿泊することになっていた。その夜、「ブル」と呼ばれる人物が指揮するラシュカレトイバのテロリスト10人がチャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅を始めとしたムンバイ市内12か所を襲撃し、彼らの一部はタージマハル・ホテルを占拠した。ムンバイ警察は十分な対テロ訓練を受けておらず、事態の解決はニューデリー国家保安警備隊英語版の到着を待たなければならなかった。占拠されたホテルではアルジュン、デヴィッド、ザーラ、ワシリーがレストランに取り残され、サリーとキャメロンは事情を知らないまま部屋に残っていた。

デヴィッドはテロリストたちの目を盗んで部屋に戻り、一方のアルジュンはオベロイからの連絡を受け、レストランの客を連れて6階にある高級クラブのチェンバーズ・ラウンジに避難する。デヴィッドはサリーとキャメロンを連れてチェンバーズ・ラウンジに向かおうとするがテロリストに拘束され、サリーとキャメロンはクローゼットの中にいて難を逃れた。同じころ、ムンバイ警察のヴァムはホテルの警備室に向かうため部下と共にホテルに潜入し、アルジュンは重傷を負った観光客ブリーを病院に連れて行くためホテルからの脱出を図る。アルジュンはヴァムと合流するが、直後にブリーがテロリストに射殺される。アルジュンはヴァムと共に警備室に逃げ込み、そこのモニターからテロリストが射殺した警官の身分証明書を使いチェンバーズ・ラウンジに入ろうとしていることを確認する。ヴァムはテロリストの侵入を阻止するためチェンバーズ・ラウンジに向かい、そこでテロリストのイムランを銃撃し、負傷させる。

チェンバーズ・ラウンジではオベロイの方針に反発するザーラやワシリーが同調する宿泊客と共にホテルからの脱出を図るが、途中でテロリストに見つかりザーラとワシリーが拘束され、他の宿泊客は射殺される。2人はデヴィッドや他の拘束された人々の元に連れて行かれ、一室に監禁される。彼らを監視するイムランは家族に電話をかけ、その通話を通してテロリストが軍事訓練の名目でムンバイに連れてこられたこと、家族に支払われるはずの報酬を「ブル」が支払っていないことが明かされる。

夜が明けるころに国家保安警備隊が到着し、突入作戦の準備が進められる。事態を知った「ブル」はテロリストたちにホテルを焼き払うように命令し、イムランには拘束した宿泊客を殺すように命令する。イムランはデヴィッドやワシリーたちを次々射殺するが、最後に残ったザーラがムスリム式の礼拝を始めたことで殺すのを躊躇い、彼女を残して立ち去る。取り残されたザーラは自力で拘束を解き、部屋を脱出する。一方、アルジュンはオベロイと合流し、残った宿泊客を連れてホテルからの脱出を図り、その途中でサリーとキャメロンに出会う。国家保安警備隊がホテルに突入してテロリストを掃討する中、ザーラは救出されてサリーとキャメロンに再会し、オベロイも宿泊客たちと共にホテルを脱出する。突入作戦が終了して安全が確保された後、アルジュンは自宅に戻り妻子と再会する。

後日談として、ムンバイ各所を襲撃したテロリストは全員が逮捕・射殺されたものの、首謀者の「ブル」は国外にいたため逮捕を免れ、現在も捕まっていないことが語られる。ホテルは事件の影響で営業を停止したものの、数か月後には修復を終えて一部が営業を再開する。エンディングでは事件3か月後のグランド・リニューアルオープンで、「ホテル・ムンバイの戦い」を戦った従業員や宿泊客への追悼式が行われた際の記録映像が流される。

キャスト[編集]

デーヴ・パテール
アーミー・ハマー
ナザニン・ボニアディ、アヌパム・カー、ジェイソン・アイザックス

※括弧内は日本語吹替

製作[編集]

2016年2月11日にデーヴ・パテールアーミー・ハマーナザニン・ボニアディテリーサ・パーマースハイル・ネイヤー英語版が出演すること、ニコライ・コスター=ワルドーアヌパム・カーが出演交渉中であることが報じられたが、このうちパーマーとコスター=ワルドーは最終的に出演しなかった[11]。6月にパーマーが第2子を妊娠したため降板し[16]、代わりにティルダ・コブハム=ハーヴェイ英語版が起用され[17]、8月にはジェイソン・アイザックスの出演が決まった[18]。9月7日にはナターシャ・リュー・ボルディッツォが観光客役で出演することが明かされた[19]

2016年8月から南オーストラリア・フィルム・コーポレーション英語版が所有するアデレードの映画スタジオで主要撮影が始まった[20][21]。2017年初頭にはインドで撮影が行われた[22]

公開[編集]

アンソニー・マラス

2016年5月にワインスタイン・カンパニーアメリカ合衆国イギリスでの配給権を取得したものの[23]、2018年4月に配給を取り止めることを発表した[24]。8月にブリーカー・ストリートとシヴハンズ・ピクチャーズがアメリカでの配給権を新たに取得した[25]

2018年9月7日に第43回トロント国際映画祭英語版でワールドプレミア上映が行われ[26]、2019年3月14日にアイコン・プロダクション英語版配給でオーストラリアで公開され[1]、同月22日からアメリカで公開された[27]。イギリスではスカイ・シネマ英語版ナウ英語版配給で9月に公開され、「スカイ・シネマ・オリジナル作品」としてプロモーションされていた[28]ニュージーランドでは3月14日に公開されたが、翌15日に発生したクライストチャーチモスク銃乱射事件の影響で同月28日まで上映が停止された[29]。インドでは10月23日にヒンディー語オフィシャルトレーラーが公開され[30]、11月29日にジー・スタジオ英語版とパーパス・エンターテインメント配給で公開された[31]Netflixはインドを含む南アジア東南アジアでの配信を予定していたが[32]、インドの配給会社プラス・ホールディングスとの間で契約上の問題が発生したため配信を中止している[33]

評価[編集]

興行収入[編集]

『ホテル・ムンバイ』は北米で965万ドル、その他の地域で1160万ドルの興行収入を記録し、合計興行収入は2130万ドルとなっている[34][6]。アメリカでは当初は4館のみの上映だったが、3月29日には924館に拡大し、公開第2週末に310万ドルの興行収入を記録している[35]

批評[編集]

Rotten Tomatoesには215件の批評が寄せられ支持率76%、平均評価6.91/10となっており、「実際の恐怖を描くことは、人によっては搾取的に感じることもあるが、『ホテル・ムンバイ』は悲劇的な出来事を上手くドラマ化している」と批評している[36]Metacriticでは33件の批評に基づき62/100のスコアを与え[37]ポストトラック英語版では好意的な評価は77%、「絶対にお勧めできる」という評価は50%だった[35]バラエティ誌のピーター・デブルジュは、「あの悲惨な事件から10年近く経ち、再びその悲惨さを目にすることはエンターテインメントとは言い難く、ディザスター映画に説得力を持たせるための見苦しい衝動を利用して、あの悲劇的な光景を利益のために見世物にしている」を批評している[38]

受賞・ノミネート[編集]

映画賞 部門 対象 結果 出典
第9回オーストラリア映画テレビ芸術アカデミー賞英語版 作品賞英語版 ゲイリー・ハミルトン
ベイジル・イヴァニク英語版
ジュリー・ライアン
アンドリュー・オギルビー
ジョモン・トーマス
ノミネート [39]
脚本賞英語版 ジョン・コリー
アンソニー・マラス
監督賞英語版 アンソニー・マラス
編集賞英語版
ピーター・マクナルティ英語版
アンソニー・マラス
受賞
主演男優賞英語版 デーヴ・パテール ノミネート
主演女優賞英語版 ナザニン・ボニアディ
助演女優賞英語版 ティルダ・コブハム=ハーヴェイ
撮影賞英語版 ニック・レミー・マシューズ英語版
作曲賞英語版 フォルカー・ベルテルマン
音響賞英語版 ジェームズ・カリー
ナクル・カムテ
サム・ペティ
ピーター・リスティック
ピート・スミス
プロダクションデザイン賞英語版 スティーヴン・ジョーンズ=エヴァンス
衣裳デザイン賞英語版 アンナ・ボルゲシ
キャスティング賞 アン・フェイ
リー・ピックフォード
トリシャーン・サルカール
第32回バンドン映画祭インドネシア語版 名誉輸入映画賞 ホテル・ムンバイ 受賞 [40]
ファンタジー・フィルムフェストドイツ語版 観客賞 [41]

出典[編集]

  1. ^ a b Hotel Mumbai”. Palace Nova Cinemas. 2019年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月2日閲覧。
  2. ^ Holub, Christian (2019年1月9日). “Armie Hammer and Dev Patel are trapped by terrorists in Hotel Mumbai trailer”. Entertainment Weekly. 2019年3月7日閲覧。
  3. ^ “インドの5つ星ホテルが“信念”で無差別テロに立ち向かう「ホテル・ムンバイ」9月公開”. 映画.com. (2019年7月9日). https://eiga.com/news/20190709/4/ 2019年7月10日閲覧。 
  4. ^ Hotel Mumbai”. Toronto International Film Festival. 2018年7月24日閲覧。
  5. ^ Mitchell, Peter (2018年10月11日). “Adelaide becomes Mumbai for thriller”. Blue Mountains Gazette. 2019年6月20日閲覧。
  6. ^ a b c Hotel Mumbai (2019)”. Box Office Mojo. 2019年7月9日閲覧。
  7. ^ 『キネマ旬報』2020年3月下旬特別号 65頁
  8. ^ Hotel Mumbai movie review & film summary”. RogerEbert.com. 2021年10月6日閲覧。 “I must admit: this skilled, historical action film was one of the toughest, most disquieting sits I can remember in a while—tougher than Paul Greengrass’ “July 22” and on par with the same filmmaker’s masterful “United 93.””
  9. ^ Movie Review: Hotel Mumbai”. Baltimore Magazine. 2021年10月6日閲覧。 “Hotel Mumbai is a shockingly violent action thriller—Die Hard on steroids—except the events it depicts are real.”
  10. ^ Film reviews: The Laundromat / Hotel Mumbai / Sea Of Shadows”. Metro. 2021年10月6日閲覧。 “THE 2008 Mumbai terror attacks resulted in 174 deaths and more than 300 wounded, which might leave you rather queasy about finding its skilful adaptation here — into a nail-biting action thriller — quite so enjoyable.”
  11. ^ a b Jaafar, Ali (2016年2月11日). “Dev Patel & Armie Hammer in Negotiations For Mumbai Siege Pic 'Hotel Mumbai' – Berlin”. Deadline Hollywood. https://deadline.com/2016/02/dev-patel-armie-hammer-mumbai-siege-nazanin-boniadi-kunal-nayyar-teresa-palmer-basil-iwanyk-1201700809/ 2016年8月13日閲覧。 
  12. ^ “毎月1日は映画館で映画がお得に楽しめる日 公開中のおすすめ映画8選”. ライブドアニュース. (2019年9月29日). https://news.livedoor.com/article/detail/17156777/ 2021年7月23日閲覧。 
  13. ^ “五つ星ホテルで凄惨な殺戮…ムンバイテロ事件を戦慄の映像化:第43回トロント国際映画祭”. シネマトゥデイ. (2018年9月16日). https://www.cinematoday.jp/news/N0103471 2019年7月10日閲覧。 
  14. ^ Kenigsberg, Ben (2019年3月21日). “'Hotel Mumbai' Review: Terrorism as Popcorn Movie?”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2019/03/21/movies/hotel-mumbai-review.html 2019年6月21日閲覧。 
  15. ^ Hotel Mumbai Trailer: 26/11 comes alive again as Dev Patel-Anupam Kher tell the brave story of Taj-Staff during attacks”. Connect Gujarat. 2019年10月23日閲覧。
  16. ^ Debelle, Penelope (2018年10月10日). “More than a thousand attend launch of SA-made movie Hotel Mumbai at Adelaide Film Festival”. The Advertiser. 2019年2月2日閲覧。
  17. ^ Galuppo, Mia (2016年6月9日). “Tilda Cobham-Hervey Will Join Dev Patel in 'Hotel Mumbai' (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/tilda-cobham-hervey-will-join-901421 2016年8月13日閲覧。 
  18. ^ Fleming, Mike Jr; Busch, Anita (2016年8月12日). “Jason Isaacs Checks into Anthony Maras' 'Hotel Mumbai'”. Deadline Hollywood. https://deadline.com/2016/08/jason-isaacs-checks-into-anthony-maras-hotel-mumbai-1201802716/ 2016年8月13日閲覧。 
  19. ^ N'Duka, Amanda (2016年9月7日). “John Karna Joins 'Lady Bird' Bevy; Natasha Liu Bordizzo Checks Into 'Hotel Mumbai'”. Deadline Hollywood. https://deadline.com/2016/09/john-karna-lady-bird-natasha-liu-bordizzo-hotel-mumbai-1201814887/ 2016年9月11日閲覧。 
  20. ^ Filming wraps on Adelaide set of Hotel Mumbai (2 September 2016)”. South Australian Film Corporation (2016年9月2日). 2018年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月2日閲覧。
  21. ^ “Slumdog Millionaire star Dev Patel frequents Adelaide's Jasmin restaurant while here filming Hotel Mumbai”. The Advertiser. (2016年8月10日). http://www.adelaidenow.com.au/entertainment/confidential/slumdog-millionaire-star-dev-patel-frequents-adelaides-jasmin-restaurant-while-here-filming-hotel-mumbai/news-story/053431f80dcafd4f78976f1bf90aff41 2016年8月13日閲覧。 
  22. ^ Debelle, Penny (2016年4月29日). “Slumdog Millionaire star Dev Patel to feature in movie to be partly filmed in SA on Mumbai terror attacks”. The Advertiser. http://www.adelaidenow.com.au/news/south-australia/slumdog-millionaire-star-dev-patel-to-feature-in-movie-to-be-partly-filmed-in-sa-on-mumbai-terror-attacks/news-story/ae3010ce116bece604e3284601759ff5 2016年8月13日閲覧。 
  23. ^ Jaafar, Ali (2016年5月13日). “The Weinstein Co Acquires Dev Patel, Armie Hammer Mumbai Siege Pic 'Hotel Mumbai' – Cannes”. Deadline Hollywood. https://deadline.com/2016/05/weinstein-co-dev-patel-armie-hammer-mumbai-siege-hotel-mumbai-cannes-1201754237/ 2016年8月13日閲覧。 
  24. ^ Lang, Brent (2018年4月2日). “'Hotel Mumbai' Producers Want Film Left Out of Weinstein Co. Bankruptcy Sale”. Variety. 2018年4月4日閲覧。
  25. ^ D'Alessandro, Anthony (2018年8月22日). “'Hotel Mumbai', The Former Weinstein Movie, Scores Bleecker Street & ShivHans Deal Ahead Of Toronto Premiere”. Deadline Hollywood. 2018年8月22日閲覧。
  26. ^ Vlessing, Etan (2018年7月24日). “Toronto: Timothee Chalamet Starrer 'Beautiful Boy,' Dan Fogelman's 'Life Itself' Among Festival Lineup”. The Hollywood Reporter. 2018年7月24日閲覧。
  27. ^ Holub, Christian (2019年1月9日). “Armie Hammer and Dev Patel are trapped by terrorists in Hotel Mumbai trailer”. Entertainment Weekly. 2019年3月7日閲覧。
  28. ^ Rowney, Jo-Anne (2019年2月1日). “Hotel Mumbai trailer: Dev Patel and Armie Hammer star in movie inspired by 2008 terror attack”. Daily Mirror. オリジナルの2019年2月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190202063021/https://www.mirror.co.uk/film/hotel-mumbai-trailer-dev-patel-13938298 2019年2月2日閲覧。 
  29. ^ Bulbeck, Pip (2019年3月19日). “'Hotel Mumbai' Pulled From Cinemas in New Zealand After Terrorist Attack”. The Hollywood Reporter. 2019年3月22日閲覧。
  30. ^ Hotel Mumbai | Official Trailer | Dev Patel | Anupam Kher | Anthony Maras | 29 November”. YouTube. Zee Studios (2019年10月23日). 2021年10月4日閲覧。
  31. ^ Anupam Kher on his upcoming film Hotel Mumbai: It taught me to value humanity above all”. India Today. 2021年10月4日閲覧。
  32. ^ Hipes, Patrick (2018年11月8日). “Netflix Unveils More Originals For India Market; Sets 'Hotel Mumbai' Regional Release, Priyanka Chopra-Produced Pic”. Deadline Hollywood. 2018年11月9日閲覧。
  33. ^ Sued Over 'Hotel Mumbai,' Netflix Drops Plans for India Screening (EXCLUSIVE)”. Variety (2019年3月7日). 2019年3月7日閲覧。
  34. ^ Hotel Mumbai (2019) – Financial Information”. The Numbers. 2019年7月27日閲覧。
  35. ^ a b D'Alessandro, Anthony (2019年3月31日). “'Dumbo' Doesn't Soar With $45M Opening; Matthew McConaughey at Bottom With $1.8M 'Beach Bum' – Sunday Update”. Deadline Hollywood. https://deadline.com/2019/03/dumbo-box-office-results-disney-us-jordan-peele-weekend-1202584883/ 2019年3月31日閲覧。 
  36. ^ Hotel Mumbai (2019)”. Rotten Tomatoes. 2019年7月25日閲覧。
  37. ^ Hotel Mumbai reviews”. Metacritic. 2019年4月4日閲覧。
  38. ^ Film Review: 'Hotel Mumbai'”. Variety (2018年9月9日). 2021年10月5日閲覧。
  39. ^ Winners & Nominees”. www.aacta.org. 2021年10月6日閲覧。
  40. ^ “Ridwan Kamil Hopes Bandung Film Festival to Become a World Class Event”. (2019年11月23日). https://www.jabarprov.go.id/En/index.php/news/8920/2019/11/23/Ridwan-Kamil-Hopes-Bandung-Film-Festival-to-Become-a-World-Class-Event 
  41. ^ Gewinner Fresh Blood Award 2019” (2019年9月29日). 2021年10月6日閲覧。

外部リンク[編集]