ホテル・ムンバイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホテル・ムンバイ
Hotel Mumbai
監督 アンソニー・マラス
脚本 ジョン・コリー
アンソニー・マラス
製作 ベイジル・イヴァニク
ゲイリー・ハミルトン
マイク・ガブラウィ
ジュリー・ライアン
製作総指揮 ケント・クベナ
ジョナサン・ファーマン
ライアン・ハミルトン
イン・イェ
マーク・モントゴメリー
デーヴ・パテール
ジョン・コリー
ジョゼフ・N・コーエン
ゲイリー・エリス
出演者 デーヴ・パテール
アーミー・ハマー
ナザニン・ボニアディ
ティルダ・コブハム=ハーヴェイ
アヌパム・カー
ジェイソン・アイザックス
音楽 フォルカー・ベルテルマン
撮影 ニック・レミー・マシューズ
編集 ピーター・マクナルティ
アンソニー・マラス
配給 アメリカ合衆国の旗ブリーカー・ストリート
日本の旗 ギャガ
公開 オーストラリアの旗 2019年3月14日[1]
アメリカ合衆国の旗 2019年3月22日[2]
日本の旗 2019年9月27日[3]
上映時間 123分
製作国 オーストラリアの旗 オーストラリア
インドの旗 インド
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $17,300,000($25,000,000AUD)[4]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $9,651,611[5]
日本の旗 1億5000万円[6]
テンプレートを表示

ホテル・ムンバイ』(原題:Hotel Mumbai)は、2018年制作のオーストラリアインドアメリカ合衆国スリラー映画

2008年に起きたムンバイ同時多発テロの際、タージマハル・ホテルに閉じ込められ、人質となった500人以上の宿泊客と、プロとしての誇りをかけて彼らを救おうとしたホテルマンたちの姿を描く[7][8]。R15+指定。

あらすじ[編集]

2008年11月、正体不明の青年たちがインド・ムンバイに上陸した。それは惨劇の始まりだった。青年たちはムンバイ南部のCST駅を襲い、無差別の殺戮を始める。テロリストの次の標的はタージマハル・ホテルだった。ホテルのロビーで機関銃を乱射し、ホテルは占拠される。ロビーを制圧したテロリストたちは、1階ごとの惨殺を開始する。難を逃れた宿泊客を率いて、安全な場所を求めるホテルマンたちの逃避行が始まる。多くの宿泊客を守るため、誇り高きホテルマンたちは必死の戦いに挑む。ニューデリーの治安部隊が到着するまでのホテルマンたちの長い戦いが始まったのだ。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Hotel Mumbai”. Palace Nova Cinemas. 2019年2月2日閲覧。
  2. ^ Holub, Christian (2019年1月9日). “Armie Hammer and Dev Patel are trapped by terrorists in Hotel Mumbai trailer”. Entertainment Weekly. 2019年3月7日閲覧。
  3. ^ “インドの5つ星ホテルが“信念”で無差別テロに立ち向かう「ホテル・ムンバイ」9月公開”. 映画.com. (2019年7月9日). https://eiga.com/news/20190709/4/ 2019年7月10日閲覧。 
  4. ^ Mitchell, Peter (2018年10月11日). “Adelaide becomes Mumbai for thriller”. Blue Mountains Gazette. 2019年6月20日閲覧。
  5. ^ Hotel Mumbai (2019)”. Box Office Mojo. 2019年7月9日閲覧。
  6. ^ 『キネマ旬報』2020年3月下旬特別号 65頁
  7. ^ 毎月1日は映画館で映画がお得に楽しめる日 公開中のおすすめ映画8選 - ライブドアニュース
  8. ^ “五つ星ホテルで凄惨な殺戮…ムンバイテロ事件を戦慄の映像化:第43回トロント国際映画祭”. シネマトゥデイ. (2018年9月16日). https://www.cinematoday.jp/news/N0103471 2019年7月10日閲覧。 

外部リンク[編集]