ペーター・ヴェリトス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ペーター・ヴェリトス
Peter Velits
Cycling (road) pictogram.svg
Saint-Ghislain - Grand Prix Pino Cerami, 22 juillet 2015, départ (B146).JPG
個人情報
本名 Peter Velits
ペーター・ヴェリトス
生年月日 (1985-02-21) 1985年2月21日(31歳)
国籍 スロバキアの旗 スロバキア
身長 181cm
体重 65kg
チーム情報
分野 ロードレース
役割 選手
プロ所属チーム
2004
2005–2006
2007
2008–2009
2010–2011
2012–2013
2014-2016
デュカラ・トレンツィン
コニカ・ミノルタ
ヴィーゼンホフ・フェルト
チーム・ミルラム
チーム・コロンビア-HTC
オメガファーマ・クイックステップ
BMC・レーシングチーム
主要レース勝利

Arc en ciel.png 世界選手権

TTT 2012・2013・2014
U23・ロード 2007
ブエルタ・ア・エスパーニャ 区間1勝
GPカントン・アールガウ 2009
GP・ド・フルミー 2007
ツアー・オブ・オマーン 2012
スロバキアの旗 スロバキア選手権・ITT 2012・2013・2014
 
獲得メダル
スロバキアの旗 スロバキア
ロードレース
世界選手権
2012 リンブルフ TTT
2013 トスカーナ TTT
2014 ポンフェラーダ TTT
最終更新日
2016年11月28日

ペーター・ヴェリトス(Peter Velits、1985年2月21日 - )は、スロバキアブラチスラヴァ出身の自転車競技ロードレース)選手。

経歴[編集]

同じくロードレース選手である、マルティン・ヴェリトスとは双子の関係。所属チームの遍歴もまた、2004年以降同一であり、2006年には南アフリカのコンチネンタルチーム「コニカミノルタ」からマルティンと揃ってツアー・オブ・ジャパンに出場した経験を持つ。国内選手権のU-23部門において、2005年2006年と2年続けて、ペーターが個人タイムトライアルを、マルティンが個人ロードレースを制覇した。

2008年、二人揃ってチーム・ミルラムに移籍。ツール・ド・フランス初出場。ラルプ・デュエズがゴールの第17ステージにおいて果敢な走りを見せ、同ステージの敢闘賞を獲得している。

2010年、マルティンとともに、チーム・コロンビア=HTC(後の HTC - ハイ・ロード)に移籍。ブエルタ・ア・エスパーニャでは、個人タイムトライアルの第17ステージを制する(この他、第1ステージのチームタイムトライアルでも区間優勝に貢献)など、最後まで総合優勝争いを演じ総合3位に入った。

2012年、オメガファーマ・クイックステップに移籍。

2014年、BMC・レーシングチームに移籍。ペーターのみの移籍となった。

2016年、2年間の成績不振から、翌年のワールドチームとの契約見つけることが出来ず、引退を表明。[1]

主な戦績[編集]

2003年[編集]

  • スロバキアの旗 スロバキア選手権・ジュニア部門
    • ロードレース 優勝
    • 個人タイムトライアル(ITT) 優勝
  • ツール・ド・ロレーヌ ジュニア部門総合優勝

2005年[編集]

2006年[編集]

2007年[編集]

2008年[編集]

2009年[編集]

2010年[編集]

  • ブエルタ・ア・エスパーニャ 総合3位、区間優勝(第17ステージ・ITT)
  • では、個人タイムトライアルの第17ステージを制する(この他、第1ステージのチームタイムトライアルでも区間優勝に貢献)など、最後まで総合優勝争いを演じ総合3位に入った。

2011年[編集]

2012年[編集]

2013年[編集]

2014年[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]