ミハウ・クフャトコフスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミハウ・クフャトコフスキ
Michał Kwiatkowski
Cycling (road) pictogram.svg
Fourmies - Grand Prix de Fourmies, 6 septembre 2015 (B068).JPG
個人情報
本名 Michał Kwiatkowski
ミハウ・クフャトコフスキ
愛称 kawasaki(カワサキ)
生年月日 (1990-06-02) 1990年6月2日(28歳)
国籍 ポーランドの旗 ポーランド
身長 1.76 m (5 ft 9 12 in)
体重 68 kg (150 lb; 10.7 st)
チーム情報
所属 チーム・スカイ
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 クラシックスペシャリスト
タイムトライアルスペシャリスト
オールラウンダー
プロ所属チーム
2010
2011
2012-2015
2016-
カハ・ルラル
チーム・レディオシャック
クイックステップ
チーム・スカイ
グランツール最高成績
主要レース勝利

Arc en ciel.svg世界選手権
Jersey rainbow.svg 個人ロードレース(2014)

ポーランドの旗 ポーランド選手権
 個人ロードレース (2013,2018)
 個人タイムトライアル (2014,2017)
ストラーデ・ビアンケ (2014,2017)
アムステルゴールドレース (2015)
E3・ハレルベーク (2016)
ミラノ〜サンレモ (2017)
クラシカ・サンセバスティアン (2017)
ティレーノ〜アドリアティコ
 総合優勝(2018)
ツール・ド・ポローニュ
 総合優勝(2018)
 ポイント賞(2018)
 区間通算2勝
クリテリウム・デュ・ドーフィネ
 区間通算1勝
パリ〜ニース
 ポイント賞(2019)
 
獲得メダル
ポーランドの旗 ポーランド
男子 自転車競技
Arc en ciel.svg世界選手権自転車競技大会
2014 ポンフェラーダ 個人ロード
最終更新日
2018年8月8日

ミハウ・クフャトコフスキ[1](Michał Kwiatkowski、1990年6月2日 - )は、ポーランドクヤヴィ=ポモージェ県ヂャウィニ英語版ポーランド語版又はヘウムジャ英語版ポーランド語版[2]出身の自転車競技ロードレース)選手。名は「ミカル」、姓は「クヴィアトコヴスキ」「クヴィアトコウスキー」「クウィアトコウスキー」等とも書かれる。

経歴[編集]

2010年カハ・ルラルと契約。

2011年チーム・レディオシャックに移籍。

2012年オメガファーマ・クイックステップに移籍。ツール・ド・ポローニュにて総合2位と健闘する[3]

2014年、バスク一周にて得意のTTで順位を上げ、総合2位を獲得[4]ツール・ド・ロマンディのプロローグとなる個人タイムトライアルにてUCIワールドツアー初のステージ勝利を挙げる[5]。 そして、シーズン後半の一大決戦となる世界選手権にてアタックを決め優勝。ポーランド人初のロード世界王者となった[6]

2015年、アムステルゴールドレースにてUCIワールドツアーワンデーレース初優勝を挙げる[7]

2016年、チーム・スカイに移籍。E3・ハレルベークにて新旧世界チャンピオンの一騎打ちを制し、優勝[8]

2017年、UCIワールドツアーに格上げされたストラーデ・ビアンケにて二度目の優勝[9]。続く、ミラノ〜サンレモでは世界チャンピオンペーター・サガンを破り優勝し、モニュメント初制覇[10]

2018年は春先から二つのステージレースで総合優勝し、シーズン初頭から好調な走りを見せる。ツール・ド・フランスではゲラント・トーマスクリス・フルームのダブルエースを献身的にアシストし、トーマスを総合優勝に、フルームを総合3位へ導く。初の総合優勝を狙った母国開催のツール・ド・ポローニュでは区間二連勝を飾り狙い通り個人総合優勝を果たした。

主な戦績[編集]

2007年[編集]

  • カップ・オブ・グルズィアズ・タウン・プレジデント ジュニア部門 総合優勝
  • ピース・レース・ジュニア 総合優勝

2008年[編集]

2009年[編集]

2010年[編集]

2011年[編集]

2012年[編集]

2013年[編集]

2014年[編集]

2015年[編集]

2016年[編集]

2017年[編集]

2018年[編集]

2019年[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 発音例 - Forvo
  2. ^ eurosport.onet.
  3. ^ ツール・ド・ポローニュ2012第7ステージ デゲンコルブが雨の最終スプリント制覇 モゼールが第69代覇者に輝く - cyclowired
  4. ^ ブエルタ・アル・パイスバスコ2014第6ステージ マルティンが最終TTで2勝目 リードを広げたコンタドールが総合優勝
  5. ^ ツール・ド・ロマンディ2014プロローグ 「この勝利はサプライズ」 クヴィアトコウスキーがロマンディのプロローグを制覇 - cyclowired
  6. ^ ロード世界選手権2014ロードレース エリート男子 雨の世界選でクヴィアトコウスキーが虹を掴む 日本勢は苦戦を強いられる - cyclowired
  7. ^ アムステルゴールド・レース2015 世界王者クヴィアトコウスキーがアムステルでアルカンシェル初勝利 - cyclowired
  8. ^ E3ハーレルベーケ2016 新旧世界チャンピオンの一騎打ち クヴィアトコウスキーがサガンを下す - cyclowired
  9. ^ ストラーデビアンケ2017 雨の未舗装レースで元世界王者が独走 クウィアトコウスキーが2度目の勝利 - cyclowired
  10. ^ ミラノ〜サンレモ2017 新旧世界王者の息呑む接戦 サガンとアラフィリップを下したクウィアトコウスキー初勝利 - cyclowired

参考文献[編集]