ペーター・ヘーグル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ペーター・ヘーグル
Peter Högl
生誕 1897年8月19日
ドイツの旗 ドイツ帝国
バイエルン王国の旗 バイエルン王国 ディンゴルフィングドイツ語版
死没 (1945-05-07) 1945年5月7日(満47歳没)
ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
Flag of Prussia (1918–1933).svg プロイセン州 ベルリン
所属組織 War Ensign of Germany 1903-1918.svg ドイツ帝国陸軍バイエルン王国陸軍ドイツ語版
Flag of the Schutzstaffel.svg 親衛隊
軍歴 1916年 - 1919年(バイエルン王国陸軍)
1933年 - 1945年(親衛隊)
最終階級 親衛隊中佐
テンプレートを表示

ペーター・ヘーグル(Peter Högl, 1897年8月19日 - 1945年5月2日)はナチス・ドイツ親衛隊員。最終階級は親衛隊中佐RSDヨハン・ラッテンフーバーの部下で、アドルフ・ヒトラー自決の目撃者である。

来歴[編集]

1897年バイエルン王国ディンゴルフィングドイツ語版に生まれる。ランツフートで工場労働に従事した後、1916年にバイエルン軍第16歩兵連隊に入隊し第一次世界大戦に従軍。大戦終結までに伍長に昇進している。戦後の1919年ミュンヘン警察学校に入学し、1920年警察官となり、1932年からは刑事警察に移る[1]

1933年親衛隊に入隊(隊員番号249,998)。アドルフ・ヒトラーの警護を担当し、1934年親衛隊中尉になる。1935年4月からは、ヨハン・ラッテンフーバーが創設したRSDに配属され、第一部指揮官に任命される[2]。これ以降、ヘーグルはヒトラーの警護のためにオーバーザルツベルク、ミュンヘン、ベルリンを転々とするが、1944年11月にRSD刑事部長に任命されるとベルリンに常駐するようになる[1]

1945年1月からは総統地下壕で執務を執るようになる。4月27日、ハインリヒ・ヒムラーの側近であるヘルマン・フェーゲラインが総統地下壕を脱出したため、ヒトラーから敵前逃亡罪でフェーゲラインを逮捕するように命令される[3]。愛人宅でフェーゲラインは逮捕されたが、その際、フェーゲラインは泥酔状態だったという[3]。翌28日夜、ヒムラーが連合国と独断で和平交渉を画策していたことが発覚し、激怒したヒトラーはヒムラーの逮捕を命令すると同時に、ラッテンフーバー、ヴィルヘルム・モーンケハンス・クレープスヴィルヘルム・ブルクドルフを臨時軍事法廷の判事に任命し、フェーゲラインを裁判にかけた[4]。裁判はモーンケの主張により短時間で終了し、フェーゲラインはラッテンフーバーに引き渡された[5]。ラッテンフーバーは処置をヘーグルに任せ、29日深夜にフェーゲラインの銃殺刑を執行した。なお、ローフス・ミシュによれば、ヒトラーはフェーゲラインの拘束命令は出したものの、処刑はヘーグルの独断であったという。

4月30日、ヒトラーとエヴァ・ブラウンが自殺すると、エヴァルト・リンドロフドイツ語版、ハンス・ライザー、ハインツ・リンゲオットー・ギュンシェと共に二人の遺体を地上に運び焼却した[6][7]。翌5月1日夜、ヘーゲルは地下壕の人々と共に赤軍が包囲する中ベルリン脱出を決行した。しかし、日付が変わった5月2日にヴァイデンダム橋ドイツ語版付近で頭部を撃たれ死亡した[1]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Joachimsthaler 1999, p. 292.
  2. ^ Felton 2014, p. 23.
  3. ^ a b Kershaw 2008, p. 942.
  4. ^ Joachimsthaler 1999, pp. 277, 278.
  5. ^ O'Donnell 1978, pp. 182, 183.
  6. ^ Linge 2009, p. 200.
  7. ^ Joachimsthaler 1999, pp. 197-200.