ペルソナ手法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ペルソナ手法とは検討対象となる商品、サービスなどから仮想の人物(ペルソナ)を想定し、その仮想人物に沿ったシナリオを作成する人間中心設計技法。この導出されたペルソナ・シナリオは、検討対象となる商品やサービスを開発する際の指標として用いられ、ヒット商品を生み出している。複数のペルソナを用いたBtoBサービスへの応用例や時系列を考慮した応用例も報告されている。

参考文献[編集]

  • アラン・クーパー著、山形浩生訳(2000)『コンピュータは、むずかしすぎて使えない!』 翔泳社
  • ジョン.S.ブルーイット、タマラ・アドリン著、秋本芳伸、岡田泰子、ラリス資子訳(2007)『ペルソナ戦略-マーケティング、製品開発、デザインを顧客志向にする』 ダイヤモンド社
  • SteveMulder、ZivYaar著、奥泉直子訳(2008)『Webサイト設計のためのペルソナ手法の教科書』 毎日コミュニケーションズ

関連項目[編集]