ベンジャミン・フランクリン (原子力潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベンジャミン・フランクリン
USS Benjamin Franklin (SSBN-640).gif
ベンジャミン・フランクリン (SSBN-640)
基本情報
建造所 エレクトリック・ボート
運用者  アメリカ海軍
種別 弾道ミサイル原子力潜水艦
艦級 ベンジャミン・フランクリン級原子力潜水艦
前級 ジェームズ・マディソン級原子力潜水艦
次級 オハイオ級原子力潜水艦
経歴
発注 1962年11月1日
起工 1963年5月25日
進水 1964年12月5日
就役 1965年10月22日
退役 1993年11月23日
除籍 1993年11月23日
その後 原子力艦再利用プログラムにより解体
要目
全長 129.5 m(425 ft)
全幅 10 m(33 ft)
吃水 9.4 m(31 ft)
主機 GE S5W原子炉 1基
推進器 1軸
兵装 潜水艦発射弾道ミサイル 16基
533mm魚雷発射管 4門
テンプレートを表示

ベンジャミン・フランクリン(USS Benjamin Franklin, SSBN-640)は、アメリカ海軍原子力潜水艦ベンジャミン・フランクリン級原子力潜水艦の1番艦。艦名はベンジャミン・フランクリンに因む。他に5隻の艦がベンジャミン・フランクリンに因んでフランクリン (USS Franklin) と命名された。また、米海軍の歴史上三代存在するボノム・リシャール(USS Bon Homme Richard)(現行はワスプ級強襲揚陸艦、LHD-6)という艦名も作家として、また外交官としてのベンジャミン・フランクリンに関わる名前である。

艦歴[編集]

ベンジャミン・フランクリンの建造は1962年11月1日にコネチカット州グロトンジェネラル・ダイナミクスエレクトリック・ボート社に発注され、1963年5月25日に起工した。1964年12月5日にフランシス・L・モーズリー夫人およびレオン・V・チャップリン夫人によって進水し、1965年10月22日にブルー班艦長ドナルド・M・ミラー大佐およびゴールド班艦長ロス・N・ウィリアムズ中佐の指揮下就役した。

ベンジャミン・フランクリンは1993年11月23日に退役、除籍し、ワシントン州ブレマートン原子力艦再利用プログラムに従って解体された。ベンジャミン・フランクリンの原子力艦再利用プログラムは1995年8月21日に完了した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]