ヘンリ・ヴィオッタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヘンリ・ヴィオッタ
Henri Viotta.jpg
基本情報
生誕 (1848-07-16) 1848年7月16日
出身地 オランダの旗 オランダアムステルダム
死没 (1933-02-17) 1933年2月17日(84歳没)
スイスの旗 スイスモントルー
学歴 ライデン大学
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者作曲家、作家、法律家
担当楽器 ヴァイオリン

   

ヘンリ・ヴィオッタ (Henricus Anastasius (Henri) Viotta, 1848年7月16日 - 1933年2月17日) はオランダ指揮者。作曲家、作家、法律家としても知られる。

略歴[編集]

オランダアムステルダムに生まれる。父も作曲家であり、幼少から音楽に囲まれて育つ。ライデン大学で法律を学ぶが、作曲・指揮をはじめ音楽活動も並行して続けた。1883年にはオランダ・ワーグナー協会を設立し、その会長となる。1888年にアムステルダムのコンセルトヘボウが完成した際には、記念演奏会において700名のオーケストラと合唱団を指揮した。1896年から1919年までハーグ王立音楽院の院長の職にあった。1904年にはハーグ・レジデンティ管弦楽団を創設し、その首席指揮者を1917年までつとめている。スイスモントルーで死去。

脚注[編集]