ブランドン・ポール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ブランドン・ポール
Brandon Paul
Brandon Paul.png
イリノイ大学でのポール (2012年)
FA
ポジション SG
背番号 3
身長 193cm (6 ft 4 in)
体重 91kg (201 lb)
ウィングスパン 209cm  (6 ft 10 in)[1]
基本情報
本名 Brandon Paul
ラテン文字 Brandon Paul
誕生日 (1991-04-30) 1991年4月30日(27歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 イリノイ州
出身 イリノイ大学
ドラフト 2013年 指名なし 
選手経歴
2013-14
2014-15
2015-16
2016-17
2017–18 -
BCニジニ・ノヴゴロド
カントン・チャージ
ホベントゥート・バダローナ
アナドル・エフェスSK
サンアントニオ・スパーズ
キャリアスタッツ
NBA

ブランドン・ポール(Brandon Paul, 1991年4月30日 - )は、アメリカ合衆国イリノイ州出身のバスケットボール選手。ポジションはシューティングガード。身長193cm、体重91kg。ハイスクールで2009年のイリノイ全米チームの一員に選ばれ[2]イリノイ大学に進学し、4シーズンをプレーし[3]、NBAドラフトでは指名を得られなかったが、海外でプロキャリアをスタートさせ、Dリーグで研鑽し、サマーリーグでの活躍によって、NBAサンアントニオ・スパーズと契約を結んだ。

経歴[編集]

ハイスクール[編集]

ウォーレン・タウンシップ・ハイスクールでチャック・ラムジーの指導を得てプレーし、AP通信シカゴ・トリビューンシカゴ・サンタイムズ、ニュース・ガゼット、イリノイ・バスケットボール・コーチ協会が選んだ2009年のイリノイ全米チームの一員に選ばれた。

氏名 出身 高校 / 大学 身長 体重 コミット日
Brandon Paul
SG
Gurnee, IL Warren Township High School 6 ft 3 in (1.91 m) 180 lb (82 kg) 2007年10月11日 
Scout:4/5 stars   Rivals:4/5 stars   247Sports: N/A    ESPNグレード: 91
全リクルート順位: Scout: #15 (SG)   Rivals: #10 (SG)  ESPN: #87 (overall)
  • 注意: 多くの場合、Scout、Rivals、247Sports、ESPNの間で身長、体重が一致しない可能性がある。
  • これらの場合、平均をとっている。ESPNグレードは100ポイントスケールに基づいている。

出典:

カレッジ[編集]

1年(フレッシュマン)[編集]

2009-10シーズンにイリノイ大学に入学し、1試合平均18.9分出場し、7.8得点、3.1リバウンドを記録した。

デフェンダーはジョン・シュルナ (2010年1月)

2年(ソフォモア)[編集]

2010-11シーズンは全34試合でプレーし、平均22.4分のプレー時間を記録し、重要な貢献者としてプレーした。ゲーム当たり平均9.0ポイントを獲得し、13試合でダブル・ダブルを達成した。1ゲームあたりチームハイの平均1.1スティール、アシストではチーム2番目の平均2.1アシストを記録した 2011年2月13日、パデュー大学に71-80で敗れたが、シーズン・ハイの23ポイントを獲得した[4]

3年(ジュニア)[編集]

2011-12シーズンはフルタイムスターターの役割を果たし、2012年1月10日、全米ランキング3位のオハイオ州立大学戦で43ポイントを獲得し、上位チームをアップセットした。イリノイ大学男子バスケットボール選手が1試合で記録した得点では3位で、スリーポイント8本成功は、最高記録に並んだ[5]

4年(シニア)[編集]

シニアシーズン中、36試合に出場し、平均16.6得点を記録した。2013年3月14日、ビッグ・テン・トーナメントでミネソタ大学との試合で勝利した[6] 。在学中、1500ポイント、500リバウンド、300アシスト、100スティールのキャリアのマイルストーンに到達し、1,654ポイントは学校の歴史の中で8番目の記録を残しカレッジのキャリアを終えた。

カレッジ成績[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2009-10 イリノイ大学 36 15 18.9 .333 .279 .644 3.1 1.3 .8 .1 7.8
2010-11 イリノイ大学 34 10 22.4 .399 .361 .767 3.1 2.1 1.1 .4 9.0
2011-12 イリノイ大学 32 30 33.4 .392 .333 .727 4.7 2.9 1.4 .8 14.7
2012-13 イリノイ大学 36 35 32.0 .401 .325 .738 4.4 2.7 1.2 .6 16.6

プロ・キャリア[編集]

2013年のNBAドラフトでは指名を得られず、2013年のNBAサマーリーグにミネソタ・ティンバーウルブズから参加した[7]。 2013年8月10日、ロシアのBC ニジニ・ノヴゴロド と契約した[8]。12試合でプレーし、1試合平均13.8分で6.4ポイント、2.7リバウンド、0.5スティールを記録した後、2014年2月に、ロシアを離れ、米国に戻った[9]2014年2月27日に、Dリーグカントン・チャージ に入団した[9]。2014年3月14日、シーズン終了となる負傷のために解雇された [10] 2014年11月2日、カントン・チャージ再加入したが[11]2015年4月4日に、怪我のために残りのシーズンをインアクティブリストに置かれ、2日後に解雇された[12] 2015年9月14日、スペインのクラブホベントゥート・バダローナに入団し[13]、出場33試合の内、25試合に先発し、1試合平均13得点してチームに貢献した[14]

シャーロット・ホーネッツ[15]、及びフィラデルフィア・76ersから、2016 NBAサマーリーグに参加し[16]。2016年7月25日にシクサーズと契約したが[14]、プレシーズンゲーム4試合に出場した後、10月24日にウェイブされた[17]。2016年12月13日、トルコのアナドル・エフェスSKと2016-17シーズンの残りの期間に契約した[18]。 2017年7月、オーランドのサマーリーグにダラス・マーベリックスから、ラスベガスのサマーリーグにはクリーブランド・キャバリアーズから参加し[19]、フィールドゴール成功率、47.12%で平均15.6得点、5.3リバウンド、2.7アシスト、1.7スティールを記録した[20]。2017年7月14日、サンアントニオ・スパーズと契約した[21]

サンアントニオ・スパーズ[編集]

2017年10月18日、ミネソタ・ティンバーウルブズ戦でNBA公式戦に初出場した[22]。続く10月26日のマイアミ・ヒート戦で初得点を上げ7得点を記録し、10月30日のボストン・セルティックス戦では、チームハイとなる18得点を記録し、併せて5リバウンドを記録し、いずれもキャリアハイを更新した[23][24]。 2018年7月31日にウェイブされた[25]

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン  NBA FINAL CHAMP.png

Euroleague[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG PIR
2016–17 アナドル・エフェスSK 23 0 8.6 .388 .415 .703 1.0 .6 1.0 .3 8.6 5.8

NBA regular season[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2017–18 SAS 64 2 9.0 .433 .278 .512 1.1 .6 .4 .1 2.3
Career 64 2 9.0 .433 .278 .512 1.1 .6 .4 .1 2.3

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Brandon-Paul”. draftexpress.com (2013年). 2017年閲覧。...
  2. ^ Illini Basketball: Brandon Paul to be named Mr. Basketball in Illinois”. IllinoisLoyalty.com (2009年4月1日). 2013年8月10日閲覧。
  3. ^ Player Bio: Brandon Paul”. FightingIllini.com. 2014年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月10日閲覧。
  4. ^ “JaJuan Johnson, E'Twaun Moore combine for 44 as Purdue handles Illinois”. ESPN.com. (2011年2月13日). http://scores.espn.go.com/ncb/recap?gameId=310440356 2012年1月11日閲覧。 
  5. ^ Brandon Paul scores a career-high 43 to fuel Illinois' upset of Ohio State”. ESPN.com (2012年1月11日). 2012年1月11日閲覧。
  6. ^ Hoemann, Darrell (2013年3月14日). “Illinois defeats Minnesota in Chicago”. News-Gazette.com. 2016年10月29日閲覧。
  7. ^ Timberwolves Announce 2013 Summer League Roster”. CBSLocal.com (2013年7月9日). 2016年10月29日閲覧。
  8. ^ Nizhny Novgorod announced Brandon Paul”. Sportando.com (2013年8月10日). 2013年8月10日閲覧。
  9. ^ a b Charge Acquire Brandon Paul”. NBA.com (2014年2月27日). 2016年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月27日閲覧。
  10. ^ Charge Acquire Anthony Harris”. NBA.com (2014年3月14日). 2016年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月14日閲覧。
  11. ^ 2014-15 Canton Charge Training Camp Roster”. NBA.com (2014年11月2日). 2015年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月2日閲覧。
  12. ^ Michael Dunigan Returns to Charge”. OurSportsCentral.com (2015年4月4日). 2015年4月4日閲覧。
  13. ^ FIATC Joventut Badalona lands Brandon Paul”. Sportando.com (2015年9月14日). 2015年9月14日閲覧。
  14. ^ a b Sixers Sign Brandon Paul”. NBA.com (2016年7月25日). 2016年7月25日閲覧。
  15. ^ Hornets Announce 2016 Orlando Pro Summer League Roster”. NBA.com (2016年6月27日). 2016年10月29日閲覧。
  16. ^ Sill, Eliot (2016年7月7日). “REPORT: Brandon Paul to join Ben Simmons, Sixers for Las Vegas Summer League”. TheChampaignRoom.com. SB-Nation. 2016年10月29日閲覧。
  17. ^ Sixers Waive Five Players”. NBA.com (2016年10月24日). 2016年10月29日閲覧。
  18. ^ Anadolu Efes Istanbul lands Brandon Paul to replace Bryce Cotton”. Sportando.com (2016年12月13日). 2016年12月13日閲覧。
  19. ^ “Cavs Announce MGM Resorts NBA Summer League 2017 Roster”. NBA.com. (2017年7月5日). http://www.nba.com/cavaliers/releases/summer-league-roster-2017 2017年7月11日閲覧。 
  20. ^ Vainisi, Jim (2017年7月13日). “San Antonio Spurs sign former Illinois Basketball star Brandon Paul”. SB Nation. 2017年7月13日閲覧。
  21. ^ SPURS SIGN BRANDON PAUL”. NBA.com (2017年7月14日). 2017年7月14日閲覧。
  22. ^ Aldridge's double-double leads Spurs by Timberwolves, 107-99”. ESPN.com (2017年10月18日). 2017年10月18日閲覧。
  23. ^ Celtics beat Spurs 108-94”. ESPN.com (2017年10月30日). 2017年10月30日閲覧。
  24. ^ Brandon Paul”. sports.yahoo.com (2017年11月6日). 2017年11月6日閲覧。
  25. ^ SPURS WAIVE BRANDON PAUL”. NBA.com (2018年7月31日). 2018年8月1日閲覧。

外部リンク[編集]

  • ブランドン・ポール --- ドラフト情報 --- DraftExpress.com (英語)