ブライアン・ワイルドスミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブライアン・ワイルドスミスBrian Wildsmith,1930年1月22日-)はイギリスの絵本画家。 代表作としては『マザーグース』が挙げられる。日本でも人気が高く、静岡県伊東市には「ワイルドスミス絵本美術館」がある。

略歴[編集]

1930年イギリスヨークシャーにて誕生。バーンズレイ美術学校およびロンドン大学芸術学部(スレイド美術学校)にて学ぶ。同大学卒業後、数学と音楽の教師の仕事をした後、絵を描くことに専念するために画家となる。 1960年オックスフォード大学出版局と専属契約を結ぶ。1962年出版の『ワイルドスミスのABC』により、ケイト・グリーナウェイ賞を受賞。その後も創作活動を続け、80冊以上の絵本が出版されている。

2003年7月には、ワイルドスミスの画業40年にちなんで、岐阜県美術館で「ワイルドスミス絵本の世界 -おとぎの国のファンタジア-」展が開かれた。

特徴・作風[編集]

絵本の土台を築いた1人とされている。色彩を華麗にあやつることから「色彩の魔術師」とも呼ばれており、絵画の技法としては、水彩やグワッシュパステルコラージュなどを好んで用いる。作品の随所に多彩な人生経験や自然界への愛情が活きている。

ワイルドスミス絵本美術館[編集]

静岡県伊東市伊豆高原にあり、原画を約1,000点所蔵。年2回の企画展により原画を順次人々に紹介している。

外部リンク[編集]