フリッパー上原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フリッパー上原
基本情報
本名 上原 晴治
階級 フェザー級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1952-02-08) 1952年2月8日(68歳)
出身地 沖縄県那覇市
家族 上原康恒(兄)
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 19
勝ち 13
KO勝ち 4
敗け 5
引き分け 1
テンプレートを表示

フリッパー上原(フリッパーうえはら、1952年2月8日 - )は、日本プロボクサー。本名は上原 晴治(うえはら はるじ)。沖縄県那覇市出身。興南高校卒、日本大学文理学部体育学科中退。協栄ボクシングジム所属。元日本フェザー級王者。

WBA世界ジュニアライト級王者・上原康恒は実兄である。

来歴[編集]

日大一年1970年全日本アマチュアボクシング選手権大会フェザー級で優勝を果たした。同年、兄・康恒もライトウェルター級で優勝している。

大学を3年で中退して協栄ボクシングジムに入門、1973年1月11日、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスでプロデビュー。ロサンゼルスで4戦4勝し、同年10月28日に5戦目で日本デビュー。

1974年10月21日、のちのWBC世界ジュニアフェザー級王者リゴベルト・リアスコと対戦し、10回判定負け。

1975年3月9日、12戦目で日本フェザー級王者牛若丸原田に挑戦し、2-1のスプリットデシションで10回判定勝ちし王座を獲得。6月27日、ダイレクトリターンマッチで牛若丸原田と再戦し、再度2-1のスプリットデシションで判定を制し初防衛に成功。

1976年3月6日、15戦目で世界王座初挑戦。WBC世界フェザー級王者デビッド・コティガーナ)と敵地・アクラで対戦し、11回TKO負けで王座獲得ならず[1]

1976年10月10日山梨県甲府市山梨学院大学体育館にて吉田秀三との日本王座の3度目の防衛戦に臨み[2]、10回判定負けで王座から陥落した。12月11日、吉田と再戦し、10回判定勝ちで王座を奪回した。同王座は防衛戦を行うことなく返上した。

1977年5月29日、地元・沖縄の那覇市奥武山体育館WBA世界フェザー級王者ラファエル・オルテガパナマ)に挑戦し、15回判定負けで2度目の王座挑戦も失敗し[1]、この試合を最後に現役を引退した。

戦績 [編集]

19戦 13勝(4KO)5敗1分

日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 1973年1月11日 勝利 4R KO モイ・サンチェス メキシコの旗 メキシコ プロデビュー戦
2 1973年3月8日 勝利 4R KO モイ・サンチェス メキシコの旗 メキシコ
3 1973年4月5日 勝利 10R 判定 ヘクター・ロドリゲス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
4 1973年7月5日 勝利 9R 負傷判定 レオンシオ・メサ メキシコの旗 メキシコ
5 1973年10月28日 勝利 7R KO 徳治 日本の旗 日本(本多)
6 1973年11月29日 勝利 10R 判定 コルネリオ・メミン・ベガ メキシコの旗 メキシコ
7 1974年3月26日 勝利 12R 判定 チェ・ユンホ 大韓民国の旗 韓国
8 1974年5月28日 勝利 10R 判定 イ・クァンウォン 大韓民国の旗 韓国
9 1974年7月15日 敗北 4R KO ウーゴ・バラサ  コロンビア
10 1974年9月10日 引分 10R 判定 サミー・ゴス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
11 1974年10月21日 敗北 10R 判定 リゴベルト・リアスコ パナマの旗 パナマ
12 1975年3月9日 勝利 10R 判定 牛若丸原田 日本の旗 日本(笹崎) 日本フェザー級タイトルマッチ(獲得)
13 1975年6月29日 勝利 10R 判定 牛若丸原田 日本の旗 日本(笹崎) 日本フェザー級タイトルマッチ(防衛1)
14 1975年10月12日 勝利 10R 判定 足立茂雄 日本の旗 日本(本多) 日本フェザー級タイトルマッチ(防衛2)
15 1976年3月7日 敗北 11R TKO デビッド・コティ  ガーナ WBC世界フェザー級タイトルマッチ
16 1976年7月26日 勝利 9R KO 竹森三城 日本の旗 日本(三迫) 日本フェザー級タイトルマッチ(防衛3)
17 1976年10月10日 敗北 10R 判定 吉田秀三 日本の旗 日本(協栄河合) 日本フェザー級タイトルマッチ(王座陥落)
18 1976年12月11日 勝利 10R 判定 吉田秀三 日本の旗 日本(協栄河合) 日本フェザー級タイトルマッチ(獲得)
19 1977年5月29日 敗北 15R 判定 ラファエル・オルテガ パナマの旗 パナマ WBA世界フェザー級タイトルマッチ
テンプレート

獲得タイトル[編集]

  • 第21代日本フェザー級王座(防衛2)
  • 第23代日本フェザー級王座(防衛0=返上)

脚注[編集]

  1. ^ a b ボクシング・マガジン編集部 『日本プロボクシング史 世界タイトルマッチで見る50年』 ベースボール・マガジン社、2002年
  2. ^ この日はジムの後輩であった具志堅用高が、WBA世界ジュニアフライ級王座(王者:ホアン・グスマン)に挑戦した試合がメインイベントであった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
牛若丸原田
第21代日本フェザー級王者

1975年3月9日 - 1976年10月10日

次王者
吉田秀三
前王者
吉田秀三
第23代日本フェザー級王者

1976年12月11日 - 1977年(返上)

空位
次タイトル獲得者
スパイダー根本