スパイダー根本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スパイダー根本
基本情報
本名 根本 重光
通称 スパイダー根本
階級 フェザー級
身長 155cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1950-11-17) 1950年11月17日(66歳)
出身地 福島県いわき市
スタイル ファイター
プロボクシング戦績
総試合数 54
勝ち 43
KO勝ち 11
敗け 9
引き分け 2
テンプレートを表示

スパイダー根本(スパイダーねもと、1950年11月17日 - )は、日本の元プロボクサー福島県いわき市出身。元日本フェザー級王者。右ファイタータイプ。現役時代は草加協栄ボクシングジム(現・草加有沢ボクシングジム)所属。現在はスパイダー根本ボクシングジム会長。

日本フェザー級タイトルを2度獲得し、連続13度、通算では14度防衛した。短躯でパンチ力はいま一つであったが、敵の攻撃をかいくぐり執拗な連打を浴びせるインファイティングで、体格の不利を克服した。

来歴[編集]

1971年3月1日に草加協栄ジム所属でデビュー、デビュー戦は4回判定負け。

1972年1月28日、中野武範(親和)に6回判定勝ちし、全日本新人王決定戦を制した。その後、リングネームを「スパイダー根本」に変更。

1973年4月27日、元東洋フェザー級王者、金炫(韓国)に10回判定勝ち。

1973年9月8日、パナマでWBA世界フェザー級王者エルネスト・マルセルパナマ)に挑戦し、9回KO負けで世界王座獲得ならず。

1977年9月18日、日本フェザー級王座決定戦で足立茂義(本多)と対戦し、10回判定勝ちで日本王座を獲得した。

1978年3月23日、世界フェザー級8位、エクトル・コルテス(エクアドル)に10回判定勝ち。

1978年8月6日、ロイヤル小林(国際)の持つ東洋太平洋フェザー級王座に挑戦して、老獪な動きで王者を苦しめるものの12回判定負け。その後も日本タイトルは順調に防衛を続けた。

1980年1月22日、WBA世界フェザー級王者エウセビオ・ペドロサ(パナマ)に挑戦し、15回判定負け。2回目の世界王座挑戦も失敗した。

しかし、日本タイトルは13度の連続防衛を成し遂げ、国内では無敵の王者であった。

1982年1月26日、アフリカ出身の友伸ナプニ(ヨネクラ)に判定負けし、日本タイトルを奪われたものの、同年5月7日のリターン・マッチで10回判定勝ちし、奪回。

1982年9月30日、タイトル防衛戦で判定勝ちした後、リング上で引退式を行い、チャンピオンのまま引退した。(通算14度防衛)

同年、当時の草加市長・今井宏の勧めで草加市教育委員会スポーツ振興課の職員に転じ、2009年に退職。現役時代の同僚・三船豪(須田芳黄)がマネージャーを務めるトクホン真闘ボクシングジムにてトレーナーとしてプロボクシング界に復帰し、2010年4月に自身のボクシングジム・スパイダー根本ボクシングジムを川口市に開設した[1]

通算戦績[編集]

54戦43勝 (11KO) 9敗2引き分け

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
フリッパー上原
第24代日本フェザー級王者

1977年9月18日 - 1982年1月26日

次王者
友伸ナプニ
前王者
友伸ナプニ
第26代日本フェザー級王者

1982年5月27日 - 1982年9月30日(返上)

空位
次タイトル獲得者
田中敏之(五代登)