フランツ・ドップラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フランツ・ドップラー
Franz Doppler
Franz und Karl Doppler.jpg
ドップラー兄弟:フランツ(左)カール(右)
基本情報
出生 1821年10月16日
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国
ガリツィア ルヴフ
死没 1883年7月27日(満61歳没)
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国
バーデン・バイ・ウィーン
ジャンル フルート曲
舞台音楽
職業 フルート奏者
作曲家
担当楽器 フルート

フランツ・ドップラーハンガリー語: Doppler Albert FerencAlbert Franz Doppler1821年10月16日 オーストリア帝国ガリツィアルヴフ1883年7月27日 バーデン・バイ・ウィーン)はフルート曲で有名なハンガリー人作曲家。だが生前は、むしろオペラバレエなどの舞台音楽の作曲家として評価が高かった。また、リスト・フェレンツの『ハンガリー狂詩曲』のいくつかを編曲したことでも知られている。

1828年から1831年まで、オーボエ奏者であった父親からフルートの指導を受ける。18歳でブダペスト歌劇場の首席フルート奏者に就任。その後はウィーン宮廷歌劇場の首席フルート奏者から首席指揮者の地位へと昇り詰め、1864年から1867年までウィーン音楽院のフルート科の教授も務めた。

オペラやいくつかのフルート協奏曲のほか、超絶技巧を要する華麗なフルート小品を残している。フルート二重奏曲やフルート二重奏のための協奏曲といった作品は、フルートのヴィルトゥオーソ兄弟としてヨーロッパ中を席巻した、弟カールとのデュエットのために作曲されている。日本では、東洋的な曲想をもつ『ハンガリー田園幻想曲』作品26が人気が高い。

カール・ドップラー(ドップレル・カーロイ)ともどもフルートのヴィルトゥオーソにして作曲家であった(兄弟ともベーム式フルートを好まず、旧式のフルートを使い続けた)。カールの子である甥アールパード・ドップラードップレル・アールパード Árpád Dopplerも作曲家となり、米国で活動した。

作品一覧[編集]