フランシスコ・エルナンデス・デ・トレド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フランシスコ・エルナンデス・デ・トレド(Francisco Hernández de Toledo、1514年1587年1月28日)はスペインの博物学者、スペイン王室の侍医である。1570年に薬用植物の研究のために新大陸に渡った最初の学者である。

略歴[編集]

トレド県のラ・プエブラ・デ・モンタルバンに生まれた。アルカラ大学で医学と植物学を学び、当時の習慣に従って、医師としての名声を得るためにスペイン各地を旅して治療を行った。グアダルーペの修道院・病院やトレドのメンドーサ病院で働き、薬用植物の研究で有名になり、古代ローマの博物学者、ガイウス・プリニウス・セクンドゥスの著作のスペイン語訳を行った。1567年にスペイン王、フェリペ2世の侍医となった。

1570年に新大陸の薬用植物と動物の調査を命じられ、歴史上最初の新大陸の科学目的の調査を行った人物となった。息子のフアンとともに新大陸に渡り、メキシコで標本の収集と分類、通訳を通して現地人の話を聞き、医療の研究を行った。現地人の3人の画家、Baptized Antón、Baltazar Elías 、Pedro Vázquezに図版を描かせた。.

メキシコの3.000を越える植物に関して残した記録は貴重なものであり、当時のヨーロッパの植物の命名法では困難な分類を現地の呼び名を使って記述した。エルナンデス・デ・トレドが著書で取り上げた植物にはバニラトウモロコシカカオタバコトウガラシや多くの章を割いたサボテンなどが含まれた。

エルナンデス・デ・トレドはラテン語で書かれた12巻の記録を執筆し、スペイン語やメキシコの言語であるナワトル語の版も作ろうとした。フェリペ2世には特別な装丁の16巻の書籍として献じられた。ただしスペインでの出版は許されず、エル・エスコリアルの図書館に記録は保存された。1671年に図書館の火災でオリジナルの記録は失われるが、16世紀の末までにいくつかのヨーロッパの国の科学者にその記録は広がり、イタリアのアッカデーミア・デイ・リンチェイの会員、コロンナ(Fabio Colonna)らによって再編集され、1615年に初めて、"Plantas y Animales de la Nueva Espana, y sus virtudes por Francisco Hernandez, y de Latin en Romance por Fr. Francisco Ximenez also cited as Cuatro libros de la naturaleza y virtudes de las plantas y animales que están recibidos en uso de medicina en la Nueva España published"として出版された。1790年にはスペインの植物学者、オルテガ(Casimiro Gómez Ortega)によって、新しく発見された記録をもとに"Francisci Hernandi, medici atque historici Philippi II, hispan et indiar. Regis, et totius novi orbis archiatri. Opera, cum edita, tum medita, ad autobiographi fidem et jusu regio"として出版された。

エルナンデスが紹介したメキシコ原産のアマミコウスイボク英語版から発見された甘味成分は、彼の名にちなみヘルナンドゥルシン英語版と命名された。

図版[編集]

17世紀半ばに出版されたRerum medicarum Novae Hispaniae thesaurusの図版

参考文献[編集]

  • Alfredo de Micheli-Serra. Médicos y medicina en la Nueva España del Siglo XVI. Gaceta Médica de México. May/June 2001, vol.137, no.3 (accessed 16 November 2005 available on the World Wide Web: [1]. ISSN 0016-3813
  • Fundació Catalunya-Amèrica Sant Jeroni de la Murtra revista RE (Edición castellano), "El preguntador" Volume 5. Number 45. pp. 57–60. July 1999.
  • Sandra I. Ramos Maldonado (2006). “Tradición pliniana en la Andalucía del siglo XVI: a propósito de la labor filológico del Doctor Francisco Hernández”, en M. Rodríguez-Pantoja (ed.), Las raíces clásicas de Andalucía. Actas del IV congreso Andaluz de Estudios Clásicos (Córdoba, 2002), Córdoba: Obra social y Cultural Caja Sur, 2006, pp. 883–891. ISBN 84-7959-614-7.
F.Hern.は、植物の学名命名者を示す場合にフランシスコ・エルナンデス・デ・トレドを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)