カシミーロ・ゴメス・オルテガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
出身地にあるオルテガの胸像

カシミーロ・ゴメス・オルテガスペイン語: Casimiro Gómez Ortega1741年3月4日 - 1818年8月30日)は、スペイン医師植物学者薬学者著述家である。マドリード王立植物園の初代の園長を務めた。

略歴[編集]

現在のトレド県にあるアニョベル・デ・タホスペイン語版に生まれた。母方のおじであるJosé Arcadio de Ortegaの援助によってマドリードトレドバルセロナで学び、後にオルテガ家を相続した。また、イタリアボローニャ大学に通い、医学、薬学の博士号を得た。マドリードで薬剤師となり、知識階層のサークルに入って外国の科学者と交流し、多くの学会の会員となった。詩も作り、国王カルロス3世の王位に就任を祝う詩も作った。

マドリードに植物園を作る計画は、前王フェルナンド6世の時代からあり、カール・フォン・リンネがその監督者に望まれていた。カルロス3世の時代に植物園は実現し、1771年にオルテガは最初の王立植物園の教授に任じられた。1781年に植物園は場所を変えて拡張され、栽培される植物の種類を増やすため、マルティン・セセーの提案した中南米への大規模な調査探検にビセンテ・セルバンテスらの自分の教え子などからメンバーを選んで派遣した。1780年代の終わりから、中南米各地で調査や採集が行われた。オルテガは1801年に園長を退職した。

多くの新種植物を記載し、また多くの外国の植物学、博物学の著書をスペイン語に翻訳した。その中にはリンネの『植物哲学』(Philosophia botanica)や「ロンドン薬局方」、ジョン・バイロンの世界周航記、アンリ=ルイ・デュアメル・デュ・モンソーの農業書などがある。また1790年には、16世紀に薬草の採集のために新大陸に渡ったフランシスコ・エルナンデス・デ・トレドの残した資料の出版も行った。

1776年にはイギリスを訪れ、1777年には王立協会の会員に選ばれた。

チリに生育するゴモルテガ科(Gomortegaceae)の樹木の属名、Gomortegaは、ゴメス・オルテガに因んで命名された。

著作[編集]

  • Pro Immaculata Dei Parentis Conceptione, Barcelona 1756
  • Tentamen poeticum seu laudibus Caroli III Hispan. Regis carmen 1759 (zehn Jahre später erschien auch eine spanische Ausgabe)
  • Cajetani Montii Philosophi & Medici Bononiensis, Botan & Hist. Natur. in Instituto Scientiarum Professor ... Oratio, Bologna 1762
  • De cicuta commentarius, Madrid, Ibarra, 1763 (und spanische Ausgabe: Tratado de la naturaleza y virtudes de la cicuta, Bologna 1762)
  • Tabulae botanicae in quibus classes, sectiones et genere plantarum in Institutionibus Tournefortienis tradita signoptice exhibentur..., Madrid, J. Ibarra, 1773, Neuauflage 1783 (lateinisch und spanisch)
  • Instrucción sobre el modo más seguro y económico de transportar plantas vivas por mar y tierra a los países más distantes, Bologna 1779
  • Historia natural de la Malagueta o pimienta de Tabasco, Madrid, J. Ibarra, 1780.
  • Continuación de la flora de España o historia de las plantas de España que escribía don José Quer, ordenada, suplida y publicada, Madrid, J. Ibarra, 1784.
  • Elogio histórico de Don Joseph Quer, Madrid 1784
  • Caroli Linnaei botanicorum principis philosophia botánica, Madrid, Vda. e Hijo Pedro Marín, 1792.
  • mit Antonio Palau Verdera: Curso elemenal de botánica teórico-práctico, Madrid, Imp. Real, 1785, 2. Auflage Madrid, Vda. e hijo de Marín, 1795.
  • Novarum aut rariorum plantarum Horti Reg. Botan. Matrit. descriptionum decades, cum nunnullarum iconibus, Madrid, 1797
  • Carminum libri quatuor cum nunnullarum interpretatione Hispanica, Madrid 1817

参考文献[編集]

  • Rafael Roldán Guerrero: Diccionario biográfico y bibliográfico de autores farmacéuticos españoles, 4 Bände, Madrid, 1958–1976
  • Rafael Roldán Guerrero: Doctor Casimiro Gómez Ortega, Madrid, 1956.
  • John H. Harvey: Casimiro Gómez de Ortega, F.R.S. (1740–1818): A Link between Spain and Britain, Garden History, Band 2, 1974, S. 22–26
  • M. Colmeiro: a Botánica y los botánicos de la Península Hispano-lusitana. Estudios bibliográficos y biográficos, Madrid, M. Rivadeneyra, 1858
  • Quintin Chiarlone, Carlos Mallaina: Historia de la Farmacia, Madrid, M. Rivadeneyra, 1858, S. 457–465