フランク・ジョーブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フランク・ジョーブFrank Jobe , 1925年7月16日 - 2014年3月6日)は、アメリカ整形外科医。

人物[編集]

ノースカロライナ州出身。1964年からMLBロサンゼルス・ドジャースの医療コンサルタントを務めていた。

1974年、利き手の左腕靭帯を損傷していたトミー・ジョンに対して自家移植する手術を実施。ジョンの手術以降、同様にを故障していた数多くのプロ野球選手に対して同様の手術を行い、多くの選手が故障から復活した。アメリカを始めとして、この手術をトミー・ジョン手術と呼んでいる。NPBプロ野球選手では、村田兆治荒木大輔桑田真澄近藤真一らが同様の手術を受けた。また手術は受けなかったが、1989年右肩を痛めた立浪和義も診察を受けた。

トミー・ジョン手術ではないが、1988年7月6日に試合中に左膝の靭帯を3本断裂するという大怪我を負った吉村禎章もジョーブの執刀を受けている。その際、ジョーブは「野球選手でこんな大けがは見たことがない」と言ったという[1]

2014年3月6日カリフォルニア州サンタモニカで88歳で死去[2]

その他[編集]

日本ではスポーツ医学の名医ということで知名度があり、彼の名をもじったと思われるダイジョーブ博士という名の人物が次の諸作品に登場する。

出典[編集]

  1. ^ “【7月6日】1988年(昭63) 通算100号本塁打の日に…2人の運命を変えた外野フライ”. スポーツニッポン. (2008年7月1日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/special/calender/calender_july2/KFullNormal20080701165.html 2016年7月26日閲覧。 
  2. ^ [ジョーブ博士が死去 村田兆治、桑田真澄氏らが謝辞 “http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/03/07/kiji/K20140307007727170.html”]. スポーツニッポン. (2014年3月7日). ジョーブ博士が死去 村田兆治、桑田真澄氏らが謝辞 2016年7月26日閲覧。 
  3. ^ 『実況パワフルプロ野球 パワプロスーパー大全』コナミ・新紀元社、2004年p.289