フォーク式赤道儀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フォーク式赤道儀

フォーク式赤道儀(ふぉーくしきせきどうぎ)とは赤道儀式架台の一種で、2本の腕で望遠鏡を支える形の天体望遠鏡架台である[1]。バランスウェイトが不要なのが最大の利点である[1]。鏡筒が長いとフォークにぶつかる場合があり、また極付近に死角ができたり観測がしにくくなる場合がある[1]。フォークを長くすれば死角は減るが、強度の面で不利になる[1]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『天体望遠鏡ガイドブック』pp.145-168「架台のメカニズム」。

参考文献[編集]

  • 西条善弘・渡辺和明著『天体望遠鏡ガイドブック』誠文堂新光社 ISBN 4-416-28909-X