経緯台式架台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
片持ちフォーク式経緯台(ポルタ架台)とケプラー式望遠鏡

経緯台式架台Altazimuth mount )は望遠鏡の架台の一種である。天体望遠鏡だけでなく、同類のものが大型双眼鏡トランシットにも使われる。

概要[編集]

水平軸と、それに直交した垂直軸の2軸で構成された架台である[1]

構造が簡単[1]で加工しやすく[1]安価に製造でき、動作もわかりやすく、初心者向けの小口径望遠鏡に多用された[1]

近年建設される大型望遠鏡では、経緯台が採用されていることが多い。これは望遠鏡の重量負荷の面で有利なこと、そして計算機やGPSなどを応用した制御および補正技術の発達により、その制御が容易になったことが主な理由と考えられる。なお国立天文台ハワイ観測所すばる望遠鏡でも採用されている。

経緯台を応用したもので1980年代ごろからアマチュア天文家の間で普及したものに、ドブソニアン望遠鏡がある。

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『天体望遠鏡のすべて'75年版』p.48-53「マウンティング構造の生し方」。

参考文献[編集]

  • 天文と気象別冊『天体望遠鏡のすべて'75年版』地人書館