フェイク シティ ある男のルール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フェイク シティ ある男のルール
Street Kings
監督 デヴィッド・エアー
脚本 ジェイムズ・エルロイ
カート・ウィマー
ジェイミー・モス
製作 ルーカス・フォスター
アレクサンドラ・ミルチャン
アーウィン・ストフ
製作総指揮 アーノン・ミルチャン
ミシェル・ワイズラー
音楽 グレーム・レヴェル
撮影 ガブリエル・ベリスタイン
編集 ジェフリー・フォード
製作会社 リージェンシー・エンタープライズ
配給 アメリカ合衆国の旗 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
日本の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2008年4月11日
日本の旗 2009年2月14日
上映時間 109分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $20,000,000[1]
興行収入 $65,572,887[1]
テンプレートを表示

フェイク シティ ある男のルール』(原題:Street Kings)は、2008年アメリカ映画

ストーリー[編集]

ロス市警 (LAPD) のバイススクワッド(風紀取締り)の警官であるトム・ラドロー(キアヌ・リーブス)は、囮捜査や違法すれすれの捜査で事件を解決していた。そんな中、LAPDの内務調査班のビックス(ヒュー・ローリー)がトムに接触し、トムらバイスの面々の調査を開始する。その頃、トムの元パートナーであるワシントン(テリー・クルーズ)とビックスが密会しているという情報を知り、トムはワシントンを逆に尾行するが、2人が接触したコンビニで強盗が起こる。2人は銃撃戦に巻き込まれ、ワシントンが射殺されてしまう。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
トム・ラドロー キアヌ・リーブス 森川智之
ジャック・ワンダー フォレスト・ウィテカー 立木文彦
ジェームズ・ビッグス ヒュー・ローリー 牛山茂
ポール・ディスカント クリス・エヴァンス 土田大
スクリブル セドリック・ジ・エンターテイナー 石住昭彦
マイク・クレイディ ジェイ・モーア 横堀悦夫
テレンス・ワシントン テリー・クルーズ 乃村健次
リンダ・ワシントン ナオミ・ハリス 若原美紀
コーツ コモン 高瀬右光
グリル ザ・ゲーム
グレイス・ガルシア マルタ・イガレータ英語版 小林沙苗
ダンテ・デミル ジョン・コーベット 相沢正輝
コズモ・サントス アマウリー・ノラスコ 飯島肇
その他 白熊寛嗣
丸山壮史
宇垣秀成
浦山迅
斉藤次郎
新田万紀子
石川綾乃

スタッフ[編集]

  • 監督:デヴィッド・エアー
  • 製作:ルーカス・フォスター、アレクサンドラ・ミルチャン、アーウィン・ストフ
  • 製作総指揮:アーノン・ミルチャン、ミシェル・ワイズラー
  • 原案:ジェイムズ・エルロイ
  • 脚本:ジェイムズ・エルロイ、カート・ウィマー、ジェイミー・モス
  • 撮影:ガブリエル・ベリスタイン
  • プロダクションデザイン:アレック・ハモンド
  • 編集:ジェフリー・フォード
  • 音楽:グレーム・レヴェル
  • 音楽監修:ジョン・ハウリハン、シーズン・ケント
  • 日本語字幕:戸田奈津子

製作[編集]

2004年に、スパイク・リーが2005年の公開に向けて本作を監督することが発表されたが、のちに降板。2005年にオリバー・ストーンが監督するために話し合いを行なっていることが発表されたが、ストーンはこれを否定した。その後トレーニングデイの脚本を担当したデヴィッド・エアーが企画を引継ぎ、本作の監督を務めることが発表された。

2008年2月5日、フォックス・サーチライト・ピクチャーズが本作のタイトル「The Night Watchman」を「Street Kings」に変更すると発表した。


評価[編集]

本作に対する批評家からの評価は平凡なものに留まっている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには152件のレビューがあり、批評家支持率は36%、平均点は10点満点で5.11点となっている。また、Metacriticには28件のレビューがあり、加重平均値は55/100となっている

脚注[編集]

  1. ^ a b Street Kings (2008)”. Box Office Mojo. 2009年11月13日閲覧。

外部リンク[編集]