フィレッティーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フィレッティーノ
Filettino
フィレッティーノの風景
行政
イタリア国旗 イタリア
Flag of Lazio.svg ラーツィオ
Blank.png フロジノーネ
CAP(郵便番号) 03010
市外局番 0775
ISTATコード 060034
識別コード D591
分離集落
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
公式サイト リンク
人口
人口 550 人
人口密度 7 人/km2
文化
住民の呼称 filettinesi
守護聖人 シエナの聖ベルナルディノ  (Bernardino da Siena
祝祭日 5月20日
地理
座標 北緯41度53分0秒 東経13度20分0秒 / 北緯41.88333度 東経13.33333度 / 41.88333; 13.33333座標: 北緯41度53分0秒 東経13度20分0秒 / 北緯41.88333度 東経13.33333度 / 41.88333; 13.33333
標高 1.063 m
面積 77 km2
フィレッティーノの位置(イタリア内)
フィレッティーノ
フィレッティーノの位置
フロジノーネ県におけるコムーネの領域
フロジノーネ県におけるコムーネの領域
Flag of Italy.svg ポータル イタリア
テンプレートを表示

フィレッティーノイタリア語: Filettino)は、イタリア共和国ラツィオ州フロジノーネ県にある、人口約550人の基礎自治体コムーネ)。

アニエーネ川テヴェレ川水系)水源の村である。かつてはリゾート地としても知られたが過疎化が進行。2011年、「独立」を宣言して話題となった。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

フロジノーネ県の北西部に位置し、アヴェッツァーノから西南へ約17km、県都フロジノーネから北へ約28km、首都ローマから東へ約69kmの距離にある。西にローマ県、北東にラクイラ県アブルッツォ州)に接する。

面積は約78平方km。コムーネ全域がアッペンニーノ・モンティ・シンブルイニ州立公園 (it:Parco naturale regionale dell'Appennino - Monti Simbruiniに含まれる。

隣接コムーネ[編集]

隣接コムーネは以下の通り。

地勢・地形[編集]

山岳地帯にあり、東にモンテヴィリオ(Monte Viglio)、東南にモンテラモンナ(Monte la Monna)が聳える。

スビアーコティボリを流れるアニエーネ川テヴェレ川水系)は、当地に源を発する。

歴史[編集]

前近代[編集]

もともとは古代アエクイ族の土地であり、古代ローマに編入されたあとも小さな村落として存在した。山に囲まれた地形のために、800年にはイスラム教徒の侵入から逃れた人々の避難場所としての役割を果たした。

1297年には、教皇ボニファティウス8世の甥であるピエトロ・カエターニがこの地を支配下に置いた。以後この村は領主であるカエターニ家の過酷な支配を受けることとなった。1602年、フィレッティーノ・カエターニ家最後の当主がサンタンジェロ城で処刑され、フィレッティーノは教皇クレメンス8世から教皇空位期間管理局 (Apostolic Cameraに与えられ、のちに教皇領の一部となった。1870年にイタリア王国に編入された。

現代[編集]

「フィレッティーノ公国」[編集]

2011年8月24日に「制憲議会」(Assemblea Costituente) が開催され[1]、「フィレッティーノ公国」(Principato di Filettino)を称して「独立」を宣言した[1][2][3] 。「フィレッティーノ公国」は独自の通貨「フィオリート」の発行を図ったり[2][3]、「公国」の君主とするべく旧イタリア王家サヴォイア家)の子孫にも接触したり[2]したことで、イタリア国内でも話題となり、海外にも報じられた[3]

背景としては、シルヴィオ・ベルルスコーニ政権が財政緊縮策の一環として、1000人以下の村(コムーネ)を統廃合し補助金を削減する案が出たことにある[2]。村長(当時)のルーカ・セッラーリ (Luca Sellari) は「小村独自の文化が絶える」と反発を示し[2]、隣村トレーヴィ・ネル・ラーツィオと合併することよりも[3]、「独立」をすることを方針として表明した[2]。アニエーネ川の水源の権利は、ローマとその周辺に水道を供給する企業 ACEA社 が押さえているが、使用料が村に払われていないことも村の不満となっている[1]。村は水資源や森林資源を「独立」を支える財源と考えている[2]

村の顧問弁護士として、元国会議員のカルロ・タオルミーナ (it:Carlo Taorminaがついており[1]、「公国」の「摂政」(principe reggente) として元首代行の役割を演じている。タオルミーナは、ベルルスコーニのフォルツァ・イタリアに属して国会議員を務めた(2001年には短期間ながら内務省の政務次官を務めた)人物であるが、その後袂を分かちベルルスコーニ批判に転じており、北部同盟と協力関係にある。

2012年3月には、映画監督のパスクアーレ・スクイティエリ (it:Pasquale Squitieriを「首相」とする、12人の「閣僚」からなる「内閣」が発足した[4]

社会[編集]

スキーリゾート地であり、2011年の報道によれば、シーズン中には500人程度が村で宿に宿泊するという[2]。しかし、近隣に大型スキー場が開設され、観光客が激減。急速に過疎化している。このことが「独立」宣言にいたる理由の一つとなっている。

人口推移[編集]

人口推移
人口 ±%
1871 2,670 —    
1881 2,299 −13.9%
1901 2,532 +10.1%
1911 2,749 +8.6%
1921 2,842 +3.4%
1931 2,243 −21.1%
1936 1,834 −18.2%
1951 1,180 −35.7%
1961 788 −33.2%
1971 742 −5.8%
1981 675 −9.0%
1991 614 −9.0%
2001 550 −10.4%
2011 551 +0.2%

人物[編集]

著名な出身者[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]