リベルランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リベルランド自由共和国
Free Republic of Liberland
リベルランドの国旗 リベルランドの国章
国旗 国章
国の標語:To live and let live
英語: 自分も生かして他人も生かせ)
国歌不明
リベルランドの位置
公用語 英語
首都 無し(都市国家)
最大の都市 無し
政府
大統領 ヴィート・イェドリチカ
副大統領 Boguslaw Wozniak, Pierre-Louis Boitel
面積
総計 7km2???位
水面積率 不明
人口
総計(2015年 7人(???位
人口密度 1人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(xxxx年 xxx,xxxメリット[1]
GDP(MER
合計(xxxx年xxx,xxxドル(???位
1人あたり xxxドル
GDP(PPP
合計(xxxx年xxx,xxxドル(???位
1人あたり xxxドル
独立2015年4月13日
通貨 メリット[1]???
時間帯 UTC+1 (DST:+2)中央ヨーロッパ時間
ISO 3166-1 不明
ccTLD .ll(提案・現在は仮ccTLDとして .ll.land を使用している)
国際電話番号 422(提案)[2]
  1. ^ Jedličkův Liberland má novou měnu i první firmu v rejstříku, občanství chce 87 tisíc lidí”. Aktuálně.cz - Víte co se právě děje. 2016年6月9日閲覧。
  2. ^ Quito, Anne. “The world's newest micro-nation is already a leader in nation branding” (英語). Quartz. http://qz.com/392004/liberland-the-words-newest-micro-nation-is-already-a-leader-in-nation-branding 2017年11月23日閲覧。 

リベルランド自由共和国(リベルランドじゆうきょうわこく、英語: Free Republic of Liberland)は南東ヨーロッパ内陸に位置するミクロネーション。通称はリベルランド

概要[編集]

クロアチア(左)はドナウ川東岸のうち黄色の領域をクロアチア領、ドナウ川西岸のうち緑色の領域をセルビア領と主張する。一方ドナウ川を国境と主張するセルビア(右)は逆の立場となるため、緑色の領域は互いに領有を主張しない無主地となっている。無主地の中でもっとも大きな領域が「シガ(Siga)」と呼ばれる中州で、ここにリベルランドが建国された。

セルビアクロアチア国境地帯にある、ゴルニャ・シガ(Gornja Siga)と呼ばれるドナウ川西岸寄りの中州(面積は約7平方キロメートル)を領土と主張する。ゴルニャ・シガは、国境をドナウ川中間線と主張するセルビアと、オーストリア=ハンガリー帝国時代の境界線とみなすクロアチアのどちらも領有権主張や実効支配を行っていなかった。これに目をつけ、無主地先占で新国家樹立が可能と考えたチェコ人の政治家ヴィート・イェドリチカが2015年4月13日に建国を宣言した。この日付は、建国宣言はアメリカ独立宣言起草に携わったトーマス・ジェファーソン誕生日にちなんでいる。

セルビア側では、「建国記念日」などにドナウ川を遡行して中洲へ上陸するための拠点となるアパティン(Apatin)への経済的メリットなどから好意的である。一方、クロアチア側は同国からの上陸を認めず、ドナウ川を巡視艇で警戒している。

国名に表れているように、リベルランドはリバタリアニズムの思想に基づいている。個人的自由や経済的自由を尊重した憲法を制定し、「直接民主制の要素を持つ立憲共和国」を標榜している。東欧に位置するが公用語英語市民権は2018年4月時点で約600人に付与し、インターネットを通じて約15万人(うち日本人は276人)が申請中である。

通貨には独自の仮想通貨「メリット」を採用し、メリット保有額に応じて選挙の票数に差をつける仕組みを検討している[1]。将来的には3万5000人から成る共同体を目指すとしている[2]

外交[編集]

2020年現在、国際連合に加盟する193か国の中で国家承認を行った国は存在しない。一方で事実上ソマリアから独立しているソマリランドとは2017年に相互承認を行い、同国で初めてとなる「国家承認」が行われた[3][4]。ただしソマリランドは国際的に認められた国家ではない。他のミクロネーションや自由主義を掲げる他国の政党からは建国を支持をされている。

国際組織には加盟していないが、欧州自由貿易連合(EFTA)、中欧イニシアティブ英語版(CEI)への加入を目指している[5]。また代表なき国家民族機構(UNPO)へ加入申請を2017年4月20日に提出した[6]。ただし欧州連合(EU)については加入を希望していていない[5]

国際的承認[編集]

国家承認

2018年11月、アメリカ合衆国のイリノイ州議会にリベルランドを承認する法案が提出されたが、不成立に終わっている[7]

リベルランドを支持・承認をしているミクロネーション
  • Flag of Sealand.svg シーランド公国[8]:イギリス沖に位置する、著名なミクロネーションの一つ。
  • Flag of the Kingdom of North Sudan.svg 北スーダン王国[9]:エジプト・スーダン国境地帯にあるビル・タウィールで2014年に建国を宣言。ビル・タウィールはリベルランドと同じく無主地で知られる。
  • Flag of Enclava (simplified).png Enclava王国[10]:同国に影響され、2015年4月23日に建国を宣言。初めはスロベニア・クロアチア国境地帯の無主地を「領土」としていたが、のちにセルビア・クロアチア国境地帯の「ポケット1」(pocket 1、上記地図を参照)へ移転した。ポケット1はリベルランドから北へ約6kmほどの距離にある。
リベルランドの支持を表明している政党

主催者の自由と直接民主主義のヨーロッパ(当時)に招待され、欧州議会にイェドリチカ大統領が出席したことがある[19][20]

駐在員事務所[編集]

リベルランドが設置した、駐在員事務所のある国と地域の一覧(2020年11月時点[21])。

移住申請する条件[編集]

リベルランドへ移住を希望する者は誰でも申請できるが、共産主義ネオナチ等のリベルランドが不適切とする思想・派閥への支持あるいは所属をする者には移住を許可していない。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 【世界発2018】リベルランド 自由なる「国家」バルカン半島 空白地帯に「建国宣言」市民権15万人申請■仮想通貨を構想■税金なし 『朝日新聞』朝刊2018年7月4日(国際面)2018年7月5日閲覧
  2. ^ ミニ国家「リベルランド」建国、世界で最も新しい「国」に CNN.co.jp
  3. ^ Liberland signed Memorandum of Understanding with Somaliland on cooperation in banking technology and energy sectors”. リベルランド政府 (2017年9月26日). 2020年11月26日閲覧。
  4. ^ Liberland”. volumeproject.org (2019年6月30日). 2020年11月26日閲覧。
  5. ^ a b As Liberland Prepares to Celebrate Its Third Birthday, a Progress Report on the Journey So Far”. Total Croatia News (2018年3月26日). 2020年11月27日閲覧。
  6. ^ Liberland Applies for the UNPO Membership at the Wayback Machine (archived 2017年12月25日)
  7. ^ Bill Status of HR1301 100th General Assembly”. legiscan.com. 2020年11月26日閲覧。
  8. ^ リベルランドの独立の主張”. シーランド政府公式サイト (2015年4月27日). 2020年11月27日閲覧。
  9. ^ THE KINGDOM OF NORTH SUDAN RECOGNIZES THE LIBERLAND”. 北スーダン王国公式サイト (2015年4月20日). 2020年11月27日閲覧。
  10. ^ News/Archive 2015”. Enclava公式サイト (2015年4月30日). 2020年11月27日閲覧。
  11. ^ up! fordert die Anerkennung der Freien Republik Liberland”. 党公式ブログ (2015年4月16日). 2020年11月27日閲覧。
  12. ^ Ing. Petr Mach, Ph.D. » Odpovědi » Liberland”. parlamentnilisty.cz (2015年5月20日). 2020年11月27日閲覧。
  13. ^ Presidenten av verdens yngste land kommer til Norge”. 党公式サイト (2015年5月28日). 2020年11月27日閲覧。
  14. ^ El P-LIB, con la República Libre de Liberland”. 党公式サイト (2015年5月31日). 2020年11月27日閲覧。
  15. ^ Haberturk's interview with Mr. President Vit”. dotsub.com (2015年9月27日). 2020年11月27日閲覧。
  16. ^ 党首のツイート(2018年2月20日) 2020年11月27日閲覧。
  17. ^ Libertarians resolve to support development of Liberland”. 党公式サイト (2018年12月12日). 2020年11月27日閲覧。
  18. ^ US Libertarian Party now supports recognition of Liberland at the Wayback Machine (archived 2018年)
  19. ^ Liberland and the European Parliament”. リベルランド政府 (2018年11月30日). 2020年11月27日閲覧。
  20. ^ Tasse volontarie ed elezioni online: ecco Liberland, la terra di nessuno che mira all'indipendenza”. europa today.it (2018年12月5日). 2020年11月27日閲覧。
  21. ^ Representative Offices”. リベルランド政府公式サイト. 2020年11月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯45度46分6秒 東経18度52分17秒 / 北緯45.76833度 東経18.87139度 / 45.76833; 18.87139