ロシア帝国 (ミクロネーション)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロマノフ帝国
Романовская Империя
首都無し
公用語 ロシア語
政府 立憲君主制
 -  宰相 Anton Bakov公爵
 -  皇帝 ニコライ3世
成立
 -  建国宣言 2011年7月20日 
面積
 -  総計 0.679872 km2 
0 sq mi 
通貨 ビットコイン

ロシア帝国は現在もあるミクロネーションロシアの歴史にあるロシア帝国とは関係がないものの、一方的にロシア帝国の復活を宣言しこの名称を名乗る。2017年頃よりロマノフ帝国の国名を用いている。

歴史[編集]

泡沫政党ロシア連邦君主主義党ロシア語版を率いるアントン・バーコフロシア語版が数百万ドルでクック諸島から環礁を購入した。2011年7月20日、彼はこの地におけるロシア帝国の復活を宣言した。

名称[編集]

バーコフ本人はロシア帝国の後継者であると主張しているため、同じ名称となっている。しかし、ロシア政府やクック諸島政府などは認めていない。

元首[編集]

2014年より、ロマノフ朝の子孫でドイツのライニンゲン公を自称するカール・エミッヒを皇帝ニコライ3世として推戴。実質的な運営者のバーコフの肩書は宰相(Эрцканцлер)。

面積[編集]

環礁の為、面積は0.679872km²となっている。そのため、首都も環礁内にある(本人主張)のだが誰も住むことができない。しかし、世界最小国家を自称するシーランド公国(0.00055km²)や同じミクロネーションの一つであるモロッシア共和国(0.025km²)よりは大きい。

首都[編集]

首都はスボロフと主張しているが、前述した通り事実上存在しない。

経済[編集]

ロシア (ロマノフ) 帝国は、ガンビア近海にあるアトランティス島の開発計画を発表している。2017年12月には、ICOを実施する意思を表明した。

外交[編集]

2018年4月時点で、ロシア (ロマノフ) 帝国を承認する国連加盟国は存在しない。2017年12月、アントーン・バーコフはガンビアと友好・協力備忘録を締結したと発表した[1]が、これはガンビア大統領府によって公式に否定されている[2]

地理[編集]

領土である環礁の地図

島国であり、一応陸地はあるものの、居住可能な土地はない。

また、サンゴの島が40程度で領土が構成されているため、土地が一つに固まっているわけでもない。

紋章[編集]

紋章は国旗と違い、双頭の鷲鎌と槌を持ったものとなっている。なお、国旗はロシア海軍のものである。

その他[編集]

実際にホームページがあり、そこで国民になれる。 ロシア帝国へはヘリポートや飛行場等が無いため、船でしか行けない。 通貨や放送局などは無い。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]