フィルインカフェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フィルインカフェ (Fill in Cafe) は、かつて存在したコンピュータゲーム開発会社。1998年倒産。代表作は『あすか120%』シリーズ。

概要[編集]

旧社名はクロスワンダー。『メタルサイト』などを開発していた。その後、『ニューラルギア』の開発を機に社名をフィルインカフェに変更し、X68000FM TOWNS向けにデベロッパーとしてゲームを開発していた。

『あすか120%』が、ギャルゲーでありながらユーザーから対戦型格闘ゲームとしての高い評価を受け、さまざまな機種に移植されて注目を集めるようになる。

こみゅにてぃぽむ』ではパブリッシャーとして自社発売を果たすが、『負けるな!魔剣道Z』の開発を最後に倒産した。

倒産後、『あすか120%シリーズ』は『-ファイナル』『-リターン』と続編が作られたが、フィルインカフェは制作に携わっていない。

フィルインカフェ作品の主なディストリビューターとなったのはファミリーソフトである。同社はフィルインカフェへ開発機材や資金の提供を行う等、深い繋がりを持っていた。『あすか120%』シリーズと『マッドストーカー』に関してはファミリーソフトが著作権その他の権利も有しており、PCエンジン移植版に関してはそれぞれNECアベニューNECホームエレクトロニクスへのライセンス許諾を行い、PlayStation移植版に関してはファミリーソフトが自社で発売した。先述の『こみゅにてぃぽむ』はフィルインカフェの倒産後にファミリーソフトへ権利が移ったようで、パッケージやマニュアル他を刷新した『こみゅにてぃぽむ 〜想い出を抱きしめて〜』が同社から発売された。

主なタイトル[編集]

日付は発売日。

X68000[編集]

FM TOWNS[編集]

  • マッドストーカー(1994年) - 発売元:ファミリーソフト
  • あすか120%(1994年12月22日) - 発売元:ファミリーソフト

セガサターン[編集]

PlayStation[編集]

  • 負けるな!魔剣道2(1995年3月17日) - 発売元:データム・ポリスター
  • あすか120%スペシャル(1996年3月29日) - 発売元:ファミリーソフト
  • ボイスパラダイスExcella(1996年11月22日) - 発売元:アスク講談社
  • あすか120%エクセレント(1997年5月9日) - 発売元:ファミリーソフト
  • マッドストーカー(1997年7月3日) - 発売元:ファミリーソフト
  • パンツァーバンディッド(1997年8月7日) - 発売元:バンプレスト
  • こみゅにてぃぽむ(1997年10月30日) - 発売元:フィルインカフェ

PCエンジン[編集]

PC-FX[編集]

関連項目[編集]