フィリベルト1世・ディ・サヴォイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フィリベルト1世から転送)
Jump to navigation Jump to search
フィリベルト1世・ディ・サヴォイア
Filiberto I di Savoia
サヴォイア公
Filiberto I di Savoia.jpg
サヴォイア公フィリベルト1世
出生 1465年8月7日
シャンベリ
死去 (1482-09-22) 1482年9月22日(17歳没)
リヨン
配偶者 ビアンカ・マリア・スフォルツァ
王家 サヴォイア家
父親 アメデーオ9世・ディ・サヴォイア
母親 ヨランド・ド・フランス
テンプレートを表示

フィリベルト1世・ディ・サヴォイア(Filiberto I di Savoia, 1465年8月7日シャンベリ - 1482年9月22日リヨン)は、サヴォイア公ピエモンテ公アオスタ伯、モーリエンヌ伯、ニース伯(在位:1472年 - 1482年)。

アメデーオ9世とその妻ヨランド(フランス王シャルル7世の娘)の間の息子。イル・カッチャトーレ(il Cacciatore:狩人)の異名で呼ばれる。フランス語名フィリベール1世・ド・サヴォワ(Philibert Ier de Savoie)。

1476年に、ミラノ公ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァと叔母ボナ・ディ・サヴォイアの娘で従妹にあたるビアンカ・マリア・スフォルツァと結婚した。

1482年、フィリベルトは17歳で死去し、幼くして未亡人となったビアンカ・マリアはその後神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世と再婚した。