ファー・イースト・ファミリー・バンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ファー・イースト・ファミリー・バンド[1] (Far East Family Band)は、日本プログレッシブ・ロック・バンド。

後にヒーリング・ミュージックの大御所として成功を収めた宮下文夫を中心に、ファーラウト (Far Out)を前身として1973年に結成される。シンセサイザー奏者として脚光を浴びる喜多郎がキーボード奏者として在籍していたことでも知られる。

1976年のアルバム『多元宇宙への旅』ではドイツのシンセサイザー音楽の先駆者クラウス・シュルツェをプロデューサーに迎える。

メンバー[編集]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • 『日本人』 - Far Out (1973年) ※ファーラウト名義
  • 『地球空洞説』 - "The Cave" Down To The Earth (1975年)
  • 『多元宇宙への旅』 - Parallel World (1976年) ※旧邦題『パラレル・ワールド』
  • 『ニッポンジン』 - Nipponjin - Join Our Mental Phase Sound (1976年) ※コンピレーション
  • 『天空人』 - Tenkujin (1977年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ FAR EAST ファミリー BAND」の表記もある。

外部リンク[編集]