ファールブルーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
紋章 地図
(郡の位置)
紋章 地図(郡の位置)
基本情報
連邦州: ニーダーザクセン州
郡: ホルツミンデン郡
緯度経度: 北緯51度55分
東経09度20分
標高: 海抜 276 m
面積: 14.19 km²
人口:

384人(2017年12月31日現在) [1]

人口密度: 27 人/km²
郵便番号: 37647
市外局番: 05535
ナンバープレート: HOL
自治体コード: 03 2 55 035
行政庁舎の住所: Heinser Str. 11
37647 Polle
ウェブサイト: www.polle-weser.de
首長: ハインリヒ・オスターマン (Heinrich Ostermann)
郡内の位置
郡内の位置

ファールブルーフ (Vahlbruch) は、ドイツ連邦共和国ニーダーザクセン州ホルツミンデン郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)で、ザムトゲマインデ・ボーデンヴェルダー=ポレを構成する自治体の一つである。

地理[編集]

位置[編集]

ファールブルーフはヴェーザーベルクラント地方のオッテンシュタイナー台地に位置する。

隣接する市町村[編集]

ファールブルーフはホルツミンデン郡西端の町である。西はノルトライン=ヴェストファーレン州との州境であり、これを挟んでリュトゲリッペ郡)と隣り合う。ここから時計回りにバート・ピルモントハーメルン=ピルモント郡)、オッテンシュタインブレフェルデポレ(いずれもホルツミンデン郡ザムトゲマインデ・ボーデンヴェルダー=ポレに属す)。

自治体の構成[編集]

自治体としてのファールブルーフは、首邑であるファールブルーフの他に、その南東に位置するマイボルセン集落を含む。

歴史[編集]

マイボルセン (Meiborssen) は1508年に Maybarssen という表記で文献に記録されている。

1922年4月からファールブルーフはハーメルン=ピルモント郡に属していた。ホルツミンデン地域の市町村新設条例による地域再編の際、1973年1月にファールブルーフはホルツミンデン郡に移管され、ザムトゲマインデ・ポレを形成した。

1988年10月18日、イギリス軍の戦闘機F-4ファントムIIがエンジントラブルにより、ブレフェルデ近郊の森に墜落した。パイロットのピーター・ラインとコリン・フライヤーは射出座席でマイボルセンに脱出することができた。これを承けて、ザムトゲマインデ・ポレは、1988年11月に連邦政府に対して、ヴェーザー川上流域での低空飛行を禁止するよう要求した。

2010年1月1日からファールブルーフはザムトゲマインデ・ボーデンヴェルダー=ポレに属している。

宗教[編集]

教会[編集]

聖マテウス教会は1535年以降の宗教改革の時代に建設された。そのオルガンは、ラインハルトの森のオルガン製作の名門であるオイラー家が1845年に建造したもので、2009年から2010年にノイシュタットゲーデンスのヴルム工房で徹底的な修復がなされた。

行政[編集]

議会[編集]

ファールブルーフの町議会は 9 議席からなる。

紋章[編集]

金地で、緑の横帯の上に黒い教会が描かれている[2]

経済と社会資本[編集]

農林業の他、ファールブルーフには建具製造、採石、風力発電、修理工場を併設した農作業機械販売といった企業がある。また、マイボルセンには老人ホームがある。

エンマータール国民銀行は長年この町の金融を担ってきたが、ハーメルン=シュタットハーゲン国民銀行 eG(旧ハーメルン=ピルモント国民銀行 eG)に吸収合併された。

ファールブルーフの家の番地は、元々の広さに応じてつけられたもので、解り難い付けられ方をしている。集落の中心に案内板があり、番地が表示されている。

引用[編集]

外部リンク[編集]