ディールミッセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
紋章 地図
(郡の位置)
Coats of arms of None.svg Locator map HOL in Germany.svg
基本情報
連邦州: ニーダーザクセン州
郡: ホルツミンデン郡
緯度経度: 北緯51度58分
東経09度37分
標高: 海抜 140 m
面積: 7.47 km²
人口:

786人(2016年12月31日現在) [1]

人口密度: 105 人/km²
郵便番号: 37633
市外局番: 05534
ナンバープレート: HOL
自治体コード: 03 2 55 010
行政庁舎の住所: Raabestr. 10
37632 Eschershausen
ウェブサイト: www.eschershausen.webcss.de
首長: テオ・クラウゼ (Theo Krause)
郡内の位置
Dielmissen in HOL.svg

ディールミッセン (Dielmissen) は、ドイツ連邦共和国ニーダーザクセン州ホルツミンデン郡北部に位置する町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)であり、ザムトゲマインデ・エッシャースハウゼン=シュタットオルデンドルフを構成する自治体の一つである。

ディールミッセン集落

地理[編集]

ディールミッセンはイート山地の麓のイートベルデ(ベルデは肥沃な土地を意味する)に位置している。

ディールミッセンは東と南はリューアーディッセン、西はキルヒブラーク、北はハレと境を接している。

歴史[編集]

現在の町域は、800年頃にはティリチ・ガウとヴィカーナフェルデ・ガウとの境界領域に位置していた。ティリチ・ガウはザクセンの本拠地の一部に属した。

ディールミッセン集落は1151年8月23日に初めて文献に記録され、1194年から1401年まで近隣の集落を拠点とする騎士家 "de Didilmissen"(フォン・ディールミッセン家)の所領であった[2]

1946年までディールミッセンはブラウンシュヴァイク州に属しており、ヴェーザー=ハルツ地域の一部となっていた。

語源[編集]

この町は様々な表記がなされている。

  • 1151年 Thiedelmissen
  • 1304年 - 1324年 Dedelmissen
  • 1340年 Didelmissen
  • 1385年 - 1397年 Dydelmissen
  • 1539年 Digermessen
  • 1542年 Diedelmissen
  • 1547年 - 1568年 Diermissen
  • 1572年 Dirmissen
  • 1760年 Dielmissen

意味: Thiathelmi (Theothelm, Thiudhelm, Dietelm, Thiadelm) の故郷 (Heim)、Thiudhelmes-husen から現在の Dielmissen までは大きな問題なく説明可能である。現在では様々な国に Diermissen という姓がある。たとえば、コスタリカUSAカナダエルサルバドルドイツなどである。特に著名な人物としては、ドイツの作家ヨハネス・ディールミッセンがいる。

文化と見所[編集]

ロマネスク様式プロテスタントの聖ニコラウス教会は13世紀初めに建設された。この教会は内部に見所を所有している。16世紀初めの祭壇画ルネサンス様式説教壇、数多くの使徒像、ネオゴシック様式オルガンなどである。教会の近くには立派なオークの木がある。2010年からディールミッセンのロマネスク様式のプロテスタント教会は改修され、建物の劣化した土台部も修理された。

ディールミッセンのカトリック教会聖ヨハネス教会は2004年に閉鎖され、現在は私邸として利用されている。40年以上前の教会の鐘「聖ヘドヴィヒ」と「聖ボニファティウス」は2008年11月にパラグアイエンカルナシオンに移設された[3]

古い木組み建築の旅館「ガストハウス・アンガークルーク」には、1801年にヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテが逗留している[4]

遊歩道[編集]

ディールミッセンの上方、イート山の尾根をヨーロッパ広域遊歩道E11号線(デン・ハーグ - マズールィ)が通っている。

経済と社会資本[編集]

ディールミッセンにはイートヴェルデ=ヴェーザーベルクラント水利連盟の本部がある。これはザムトゲマインデ・エッシャースハウゼン=シュタットオルデンドルフ、ザムトゲマインデ・ボーデンヴェルダー=ポレ、ザムトゲマインデ・ボフツェンの上下水道を管轄している。

引用[編集]