ハーメルン=ピルモント郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen Landkreis Hameln-Pyrmont.svg Locator map HM in Germany.svg
基本情報
連邦州: ニーダーザクセン州
郡庁所在地: ハーメルン
緯度経度: 北緯52度06分00秒 東経09度23分24秒 / 北緯52.10000度 東経9.39000度 / 52.10000; 9.39000座標: 北緯52度06分00秒 東経09度23分24秒 / 北緯52.10000度 東経9.39000度 / 52.10000; 9.39000
面積: 796.15 km2
人口:

148,580人(2020年12月31日現在) [1]

人口密度: 187 人/km2
ナンバープレート: HM
自治体コード:

03 2 52

郡の構成: 8 市町村
行政庁舎の住所: Süntelstraße 9
31785 Hameln
ウェブサイト: www.hameln-pyrmont.de
郡長: ディルク・アドマート (Dirk Adomat)
州内の位置
Lower Saxony HM.svg
地図

ハーメルン=ピルモント郡 (Landkreis Hameln-Pyrmont) は、ドイツ連邦共和国ニーダーザクセン州南部に位置する郡。この郡は西はヴェストファーレンリッペ郡、北はシャウムブルク郡およびハノーファー広域連合、東はヒルデスハイム郡、南はホルツミンデン郡と境を接する。

地理[編集]

ハーメルン=ピルモント郡はニーダーザクセン州南部のヴェーザー川上流に面したヴェーザーベルクラント地方に位置する。

歴史[編集]

この地方に関する記録は、現在のバーゼル近郊に位置する古代都市アウグスタ・ラウリカローマ軍司令官(50年頃)の墓碑銘に記されている。司令官セプティムス・マクシムスは現在のアイヒェンボルン(バート・ピルモント近郊)付近の戦いで6000人の兵士とともに落命した。

ハーメルン=ピルモント郡は1922年4月1日に旧ハーメルン郡とピルモント郡が合併して成立した。1923年4月1日から1973年1月1日までハーメルン市は郡独立市であり、郡に属してはいなかった。

1977年の行政改革・地域再編により、ヘッシシュ・オルデンドルフは旧グラーフシャフト・シャウムブルク郡から移管された。

1999年9月に郡と共同出資者は、ヴェーザー発電所フィンランドフォルトゥム・グループに売却した。

行政[編集]

ディルク・アドマート (SPD) は、2020年4月5日の選挙で 51.14 % の票を獲得してハーメルン=ピルモント郡の郡長に選出された[2]

2016年の選挙による郡議会の政党別議席配分は以下の通りである。

計50議席である。

経済と社会資本[編集]

病院[編集]

ハーメルンには、ザナ・クリニークム・ハーメルン=ピルモントがある。この病院は救急治療病院であり、ハノーファー医科大学の教育病院でもある。資本の49%がザナ・クリニーケンAGに属す。バート・ピルモントにはプロテスタントのバチルディスクランケンハウスがある。この病院はプロディアコ・グループに属す。コッペンブリュッゲは神経学的疾患の専門病院「リンデンブルン」の所在地である。ヘッシシュ・オルデンドルフもやはり神経学の病院がある。バート・ミュンダーには労働者福祉事業団が運営するダイスター=ジュンテル・クリニークがある。この病院には救急内科や透析センターがある。

交通[編集]

郡内にアウトバーンはないものの、連邦道は何本か走っている。より重要なのは、ハノーファーからパーダーボルンへの地域鉄道(ハノーファーSバーン)およびレーネリンテルンからヒルデスハイムへのヴェーザー鉄道で、これらの路線はヘッシシュ・オルデンドルフ、ハーメルン、コッペンブリュッゲを経由していた。

市町村[編集]

人口は、2020年12月31日 時点の数値である[1]

フレッケンは市場開催権など特定の自治権を古くから認められていた町村である。

Municipalities in HM.svg

引用[編集]

外部リンク[編集]