ファゴソーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ファゴソーム(Phagosome)は、食作用で吸収された粒子の周りに、粒子の周囲の細胞膜が融合して形成される小胞である。中で病原体微生物が殺され、消化される細胞内コンパートメントである。成熟の過程でリソソームと融合し、ファゴリソソームとなる。

ファゴリソソームの中で複製するCoxiella[1]やリソソームと融合する前に原形質に逃げるリケッチア[2]等のように、一部の細菌性病原体は、ファゴソームの中に入り込む。

結核菌を含むマイコバクテリウム属[3] [4]の多くは、亜硝酸を含むリソソームがファゴソームと融合しないように、宿主のマクロファージを操る。このようなファゴソームの不完全な成熟は、内部の病原体に都合の良い環境を維持する[5]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Hackstadt T and Williams J C "Biochemical stratagem for obligate parasitism of eukaryotic cells by Coxiella burnetii." Proc Natl Acad Sci U S A 1981 May; 78(5) 3240–3244.
  2. ^ Winkler H H "Rickettsia Species (As Organisms)" Annual Review of Microbiology Vol. 44: 131-153
  3. ^ MacMicking, JD; Taylor, GA; McKinney, JD (2003). “Immune control of tuberculosis by IFN-γ –inducible LRG-47”. Science 302 (5645): 654–659. doi:10.1126/science.1088063. PMID 14576437. 
  4. ^ Vandal, OH; Pierini, LM; Schnappinger, D; Nathan, CF; Ehrt, S (August 2008). “A membrane protein preserves intrabacterial pH in intraphagosomal Mycobacterium tuberculosis”. Nat Med. 14 (8): 849–854. doi:10.1038/nm.1795. PMC 2538620. PMID 18641659. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2538620. 
  5. ^ Tessema, MZ; Koets AP; Rutten VP; Gruys E. (November 2001). “How does Mycobacterium avium subsp. paratuberculosis resist intracellular degradation?”. Vet Q. 23 (4): 153–162. doi:10.1080/01652176.2001.9695105. PMID 11765232. 

外部リンク[編集]