顎口上綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
顎口上綱 Gnathostomata
Orca-Schädel.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
上綱 : 顎口上綱 Gnathostomata

顎口上綱(がっこうじょうこう:Gnathostomata)とは、を持つ脊椎動物をまとめた分類群の名である。

分類学的には伝統的に上綱として扱われ、魚類鳥類哺乳類などを含む。一方、顎のない脊椎動物は無顎類と呼ばれる。しかし最近の分子遺伝学的な研究によって、顎口上綱の分類が見直されるようになった。

最近発見された化石による研究から、かつて栄えたテロドゥス類は分類学的に顎口上綱に近かったと考えられている。

顎は、かつてえらを支える器官(鰓弓)だったものが発達し、次第に効率的に口を開け閉めして水をえらに運ぶ働きを持つようになったものだと考えられている。こうして口は次第に大きく、幅広くなり、獲物を獲得しやすくなっていった。口を開け閉めするのにさらに力が必要になり、ついには顎になったと考えられている。

板皮類は鋭い骨盤を歯の代わりに使う。最近の研究によって、板皮類の顎はその他の顎口上綱の生物のものとは別個に進化してきたことが示唆されている。ダンクレオレステスなどは下顎だけではなく上顎も動かすことができたため、口を大きく開けることができた[1]

顎口上綱の生物のもう一つの大きな特徴はニューロン髄鞘と適応的免疫システムである。

顎口上綱はオルドビス紀に初めて登場し、デボン紀には一般的になった。現在では円口類[2]を除くすべての脊椎動物を占めている。

出典・脚注[編集]

  1. ^ 川崎悟、「絶滅したふしぎな巨大生物」、株式会社PHP研究所、2011年、p39
  2. ^ ヤツメウナギ類ヌタウナギ類がこれに含まれる。