ピエール・ジャン・ジョルジュ・カバニス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カバニスの肖像画。Ambroise Tardieu作。

ピエール・ジャン・ジョルジュ・カバニス (Pierre Jean Georges Cabanis, 1757年6月5日 - 1808年5月5日[1]) はフランスの医師、哲学者[1]。現代的心理生理学英語版の創始者の一人である[2]ジョルジュ・カバニス (Georges Cabanis) とも[3]

経歴[編集]

フランス、コスナックフランス語版コレーズ県)の生まれ[3]1795年パリ大学衛生学教授就任後、内科学教授、法医学および医学史教授を歴任[1]

カバニスはオノーレ・ミラボーと交友を持ち、フランス革命にも関与した[1]デステュット・ド・トラシーらとともに観念学を提唱した[4]

カバニスは『人間の肉体と精神の関係について』でフランス人は多血胆汁質であるため革命を起こしたとした[5]。(→四体液説

著書[編集]

  • Sur les Rapports du physique et du moral de l'homme(『人間の肉体と精神の関係について』)全2巻、1799-1802年発行[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『岩波 西洋人名辞典 増補版』(1981年12月10日増補版発行)p.348
  2. ^ Turgeon Y, Whitaker HA. Pierre Jean Georges Cabanis (1757-1808): an early nineteenth century source for the concept of nervous energy in European behavioral neurosciences. Brain Cogn. 2000 Jun-Aug;43(1-3):412-7.
  3. ^ a b Pierre-Jean-Georges Cabanis (1757-1808) - Author - Resources from the BnF
  4. ^ 戸坂潤 イデオロギー概論
  5. ^ レオン・ポリアコフ『アーリア神話―ヨーロッパにおける人種主義と民主主義の源泉』アーリア主義研究会訳、法政大学出版局、1985年8月、291頁。ISBN 978-4588001581