ビセートル病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィリップ・ピネル

ビセートル病院(びせーとるびょういん、L'hôpital de Bicêtre )、ビセートル救済院(びせーとるきゅうさいいん)とはフランスの男子総合施療院。ヴァル=ド=マルヌ県ライ=レ=ローズ郡ル・クルムラン=ビセートルにある。

概要[編集]

1656年、ルイ14世の指導により作られた精神障害者犯罪者浮浪者のうち男子を収容する施設である。女子サルペトリエール病院Hôpital de la Salpêtrière)へ収容された[1]。元々はビセートル城であったがルイ13世が破壊を命じ、その跡地は傷病軍人用の病院に転用させた。病院は事実上、ヴァンサン・ド・ポールによって運営されていたル・クルムラン=ビセートルの項を参照)

当時の精神障害者の治療は、鎖に繋ぐ、独房に閉じこめておく、暴力で圧する、大量の水を浴びせる、瀉血などであった[2]

歴史[編集]

  • 1632年、ルイ13世はビセートル城の破壊を命じ、跡地に傷病軍人用の病院を建てるよう命じた
  • 1656年、ルイ14世の指導により総合施療院化(名称はビセートル城のまま)
  • 1783年、精神病患者とその施設の改善改革の一環で名称(性格)をビセートル救済院に変更する
  • 1792年フィリップ・ピネルが赴任する

文学[編集]

「死刑囚最期の一日」(ヴィクトル・ユーゴー)の舞台となっている[3]

脚注[編集]

  1. ^ 精神障害者をどう裁くか 岩波明 光文社 2009年 ISBN 9784334035013 p67
  2. ^ シュー・ビセートル・セガン-19世紀前半期における白痴論- 学習院大学教職課程 川口幸宏 p1
  3. ^ エドゥアール・セガンについて分かりつつあること(清水寛氏の出版と学会賞受賞を記念する集い) 川口幸宏 学習院大学 2005年7月2日 2012年6月18日閲覧 p1

関連項目[編集]