ヒーラット・ヴァーメイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒーラット・ヴァーメイ
Geerat J. Vermeij
人物情報
生誕 1946年
オランダ
居住 アメリカ合衆国
出身校 プリンストン大学
イェール大学
学問
研究分野 古生物学
研究機関 カリフォルニア大学デービス校
主な受賞歴 アメリカ古生物学会賞(Paleontological Society Medal) (2006年)
テンプレートを表示

ヒーラット・ヴァーメイ[1](Geerat J. Vermeij、1946年 - )は、オランダ生まれの古生物学者で、カリフォルニア大学デービス校地質学教授。3歳で失明したが、9歳のとき一家でアメリカ合衆国に移住し、10歳で科学者になると志を立てた。プリンストン大学で、ロバート・マッカーサーの指導を受ける[2]1968年にプリンストン大学を卒業し、1971年にはイェール大学から生物学と地質学の博士号を授与された。メリーランド大学を経て、カリフォルニア大学へ移った。

進化生物学、古生物学の立場から、海生軟体動物(特に貝類)の化石生体を研究している。1980年代には、中生代の海洋において捕食圧が高まったことに注目し、捕食者と被食者それぞれが攻撃と防御の能力を高め、適応戦略が高度になる共進化過程をたどるとするエスカレーション仮説(Escalation hypothesis)[3]について論文を書き始めた。1992年にはマッカーサー・フェロー賞(MacArthur Fellowship)を受賞している[4]

日本では、2000年に自伝『盲目の科学者』が翻訳出版され[5]2002年にNHKのテレビ番組『未来への教室』でも紹介された[6]

著書[編集]

  • Evolution and Escalation: An Ecological History of Life, 1987
  • A Natural History of Shells, 1993
  • Privileged Hands, 1996
ヒーラット・ヴァーメイ(羽田裕子訳)『盲目の科学者―指先でとらえた進化の謎』講談社,2000年.
  • Nature: An Economic History, 2006

出典・脚注[編集]

  1. ^ オランダ語の発音に準じ、ケーラト・フェルメイ書評『盲目の科学者』 天野和孝(2001))、あるいはG・J・ベルメージ軟体動物 他 Part II 大場秀章西野嘉章 編「東京大学コレクションII 動く大地とその生物)と表記されることもある。
  2. ^ 天野和孝(2001)
  3. ^ 軟体動物 他 Part II 大場秀章西野嘉章 編「東京大学コレクションII 動く大地とその生物.
  4. ^ Blind Professor Receives Macarthur Award”. National Federation of the Blind. 2010年12月11日閲覧。
  5. ^ 講談社BOOK倶楽部 本のご紹介
  6. ^ NHKアーカイブ保存番組詳細 未来への教室 ヒーラット・ヴァーメイ指先がとらえた貝の謎