ヒルダ (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒルダ
153 Hilda
ヒルダの軌道。青がヒルダ、 赤が惑星(一番外側の赤は木星)、 黒が太陽。
ヒルダの軌道。青がヒルダ、
赤が惑星(一番外側の赤は木星)、
黒が太陽。
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
ヒルダ群
発見
発見日 1875年11月2日
発見者 ヨハン・パリサ
軌道要素と性質
元期:2008年5月14日 (JD 2,454,600.5)
軌道長半径 (a) 3.979 AU
近日点距離 (q) 3.425 AU
遠日点距離 (Q) 4.534 AU
離心率 (e) 0.139
公転周期 (P) 7.94 年
軌道傾斜角 (i) 7.82
近日点引数 (ω) 39.86 度
昇交点黄経 (Ω) 228.22 度
平均近点角 (M) 36.89 度
物理的性質
直径 170.63 km
自転周期 5.11 時間
スペクトル分類 C
絶対等級 (H) 7.48
アルベド(反射能) 0.0618
色指数 (B-V) 0.669
色指数 (U-B) 0.243
Template (ノート 解説) ■Project

ヒルダ[1] (153 Hilda) は、小惑星帯の外縁部に位置するかなり大きな小惑星の一つ。 表面は炭素化合物で覆われており暗い。

ヒルダの公転周期は木星と2:3の軌道共鳴になっており、同じような軌道を持つ小惑星のグループはヒルダ群と呼ばれる。ただし物理的な性質がそれぞれ異なるため、ヒルダ「 (Family)」とは呼ばれない。

1875年11月2日にオーストリア天文学者ヨハン・パリサがポーラ(現クロアチアプーラ)で発見し、天文学者テオドール・オッポルツァーの娘に因んで名付けられた。

光度曲線の振幅は小さく、球体に近い形をしていると考えられていたが、2002年12月31日に日本で掩蔽が観測され、楕円体であることが判明した。

出典[編集]

  1. ^ 『オックスフォード天文学辞典』朝倉書店、初版第1刷、344頁。ISBN 4-254-15017-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前の小惑星:
アタラ (小惑星)
小惑星
ヒルダ (小惑星)
次の小惑星:
ベルタ (小惑星)