ヒルダ・ルイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ヒルダ・ウィニフレッド・ルイス英語:Hilda Winifred Lewis1896年 - 1974年2月)は、イギリスロンドン出身の児童文学作家

元々は教師として働いていたが1920年代ノッティンガムに移り、執筆活動を始めた[1]日本では岩波書店岩波少年文庫)から刊行されている石井桃子訳、北欧神話タイムトラベルモチーフとした『とぶ船 上・下(The Ship that Flew)』で知られているが、1972年に著された『I am Mary Tudor)』のように歴史小説の著書も多い。

ノッティンガム大学聴覚に関する教授を務めていたマイケル・ルイスである[2][3]

主な著作[編集]

  • 1939年、『とぶ船(The Ship that Flew)』 - 『とぶ船 上・下』(石井桃子訳、岩波書店)
  • 1946年、『The Day is Ours
  • 1956年、『The Witch and the Priest
  • 1957年、『Penny Lace
  • 1959年、『Wife to Great Buckingham
  • 1972年、『I am Mary Tudor
  • Wife to the Bastard
  • Harold was My King
  • en:The Gentle Falcon
  • Here Comes Harry
  • Wife to Charles II
  • I, Jaqueline
  • Harlot Queen
  • Rose Of England
  • Heart Of A Rose

脚注・参考文献[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]