ヒメヒオウギズイセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヒメヒオウギズイセン
Crocosmia × crocosmiiflora
Crocosmia × crocosmiiflora
(2006年9月、ベルリン=ダーレム植物園
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
: キジカクシ目 Asparagales
: アヤメ科 Iridaceae
亜科 : Crocoideae
: Freesieae
: ヒオウギズイセン属 Crocosmia
: ヒメヒオウギズイセン C. × crocosmiiflora
学名
Crocosmia × crocosmiiflora
(Lemoine) N.E.Br.[1]
シノニム
  • Tritonia crocosmiflora (Lemoine) G.Nicholson[2]
英名
crocosmiamontbretia

ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙、学名: Crocosmia x crocosmiiflora)またはヒメヒオオギズイセン[3]は、アヤメ科ヒオウギズイセン属(クロコスミア属)の雑種ヒオウギズイセン英語版 Crocosmia aureaヒメトウショウブスペイン語版 Crocosmia pottsii との交配種である[1][4]園芸ではクロコスミア、または旧学名のモントブレチア[1]の名前でも呼ばれる。一般的に「ヒオウギズイセン」と呼ばれるワトソニア属英語版 Watsonia園芸品種群とは関係はないので、注意が必要である。また「金魚草」と呼ばれることもあるが、キンギョソウとは異なる。

形態・生態[編集]

は剣状、60cmから150cm。

花茎から穂状花序を分枝し、各々にオレンジ色を付ける。花期は7〜8月。

分布[編集]

両親は南アフリカ産ではあるが、耐寒性に優れ、また繁殖力も旺盛、日当たりの良い荒れ地から林床のような日陰、乾燥地帯から湿地にも耐え、全世界で野生化している。佐賀県では移入規制種の指定を受けており、栽培条例で禁止されている[5]

人間との関わり[編集]

暖かい地方[どこ?]では、一度、球根を植えるとほとんど放置しておいても差し支えなく、宿根草のように扱える。

注と出典[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 清水矩宏・森田弘彦・廣田伸七編著 『日本帰化植物写真図鑑 : Plant invader 600種』 全国農村教育協会2001年、414頁。ISBN 4-88137-085-5
  • 平野隆久写真 『野に咲く花 : 写真検索』 林弥栄監修、門田裕一改訂版監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2013年、増補改訂新版、64-65頁。ISBN 978-4-635-07019-5

関連項目[編集]

外部リンク[編集]