ヒスパニア・キテリオル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
紀元前197年のイベリア半島
橙がヒスパニア・キテリオル
緑がヒスパニア・ウルテリオル
スペインの歴史
スペイン国章
この記事はシリーズの一部です。
先史時代英語版

スペイン ポータル
· ·

ヒスパニア・キテリオルラテン語: Hispania Citerior)は、ヒスパニアに置かれたローマ帝国属州のひとつ。

地理[編集]

「こちら側のヒスパニア」「近いほうのヒスパニア」を意味する。ヒスパニア・キテリオルの範囲はイベリア半島の地中海岸であり、その南端はカルタゴ・ノバ(現在のスペインムルシア州カルタヘナ)の町である。大まかには今日のカタルーニャ州バレンシア州の範囲が含まれている。カルタゴ・ノバより南にはヒスパニア・ウルテリオルがあり、ヒスパニア・ウルテリオルは「向こう側のヒスパニア」を意味する。

歴史[編集]

今日のカルタヘナ
アウグストゥスによる属州再編後のヒスパニア

第二次ポエニ戦争中の紀元前209年、大スキピオイリッパの戦いカルタゴ人に勝利し、手中に収めた町をカルタゴ・ノバ(現在のカルタヘナ)と命名した。このローマ軍の勝利により、ローマはカルタゴ人のヒスパニア南部での進軍を阻み、エブロ川までのヒスパニア地中海岸を手に入れた。

第二次ポエニ戦争終結から4年後の紀元前197年には、ヒスパニア・キテリオルとヒスパニア・ウルテリオルという2つの属州が設立された。ヒスパニア・キテリオルの統治者はこの地域より西側に住んでいたケルティベリア人と何度か戦い、第一次ケルティベリア戦争などが起こった。

紀元1世紀末、アウグストゥスはヒスパニアの属州を再編成し、ヒスパニア・キテリオルはより大きな範囲のヒスパニア・タラコネンシスに置き換えられた。ヒスパニア・タラコネンシスはローマ人が征服したヒスパニア中央部・北部・北西部を含んでいる。アウグストゥスはまた、ヒスパニア・ウルテリオルをヒスパニア・バエティカと改称し、ヒスパニア第3の属州としてヒスパニア・ルシタニアを新設した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]