パグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パグ
パグ
原産地 中華人民共和国の旗 中国
特徴
出産数 4-6 匹
寿命 11 年
イヌ (Canis lupus familiaris)

パグ(Pug)は、犬の種類(犬種)の一つ。短鼻の小型犬。短毛でダブルコート、垂れ耳、巻き尾性器も短い。毛色はフォーン(サンプル画像の毛色)、シルバーなど。なお、黒以外の毛色の場合はからの周辺及び耳は黒い。フォーンのパグは背中に沿って黒のトレースがある[1]

その名前の由来は、ラテン語で「握り拳」を意味する「pugnus(パグナス)」から、または、中国語で「いびきをかいて眠る王様」を意味する「覇歌(パー・クー)」から、古い英語で「優しく愛されるもの」からきているとも言われる。

紀元前400年の中国にて既に存在、16世紀オランダでは「ダッチマスティフ」・「ドワーフマスティフ」と呼ばれ、日本には16世紀頃にはすでに持ち込まれていたという。  

特徴・性質[編集]

  • 小型犬ながら、骨格はしっかりとしており、鳴き声も落ち着いた低い声である。ときには、高い声も出す。

健康上の注意点[編集]

  • 短吻種のため、暑さに弱く、寒さにも弱い。
  • 垂れ耳と、特徴的な顔のしわに汚れがたまりやすく、皮膚病になりやすい。
  • 目が大きいため、眼球表面に傷が付きやすい。目やにも出やすい。
  • 食欲旺盛で肥満になりやすい。
  • 睡眠時にいびきをかくことが多い。いびきがひどい場合、鼻腔狭窄の可能性がある。
  • 壊死性髄膜脳炎(パグ脳炎)という疾患を発症することがある。原因は不明で確実な治療方法も未だ知られていない[2]

ギャラリー[編集]

パグの日[編集]

近年、日本のパグオーナーの間で、8月9日をパグの日として祝うことがブームになり始めている[要出典]インスタグラムをはじめとするSNSの隆盛が、ブームを後押ししたとみられる。

パグの日には、パグにほっかむりやフード等を着けた写真をSNSへ投稿し、世界中のパグの健康と平和を願うのが慣例である。

2018年9月13日、日本記念日協会において、8月9日をパグの日として記念日登録がなされた。登録者はパグ 愛好家の小林健介氏。

特定の犬種の日として記念日登録されているのは、「パグの日」と、2019年に認定された「柴犬とおっさんの日」の2つだけである。

2000年代前半より、関西在住の個人ブログを中心に、語呂合わせで8月9日をパ(8)グ(9)の日とし、手拭いで飼い主と共にほっかむりをしたパグの写真の投稿が発生した。ほっかむりがよく似合う潰れた顔と、飼い主が喜ぶ顔見たさに被り物を嫌がらない従順な性格の犬種なのが相まって、インターネットの普及とともに個人ブロガーの間で全国に静かなブームを起こした。2009年の8月9日には大阪市生野区のドックカフェこふみで「523(こふみ)の89(パグ)会」と銘打った小規模なオフ会イベントが開催されている。

2010年代になると、2010年にリリースされたインスタグラムのシェア拡大とともに、インスタ映えを狙ったほっかむりをしたパグの写真を投稿する習慣が爆発的に広まった。投稿件数の多さから、自然発生的にパグの正装はほっかむりであると言われるようになった。

これとほぼ同時期に、商業利用を考える人々が増え、パグの日の知名度アップに貢献した。あるデザイナーは、インスタグラム上でパグの写真集のモデルを募る際に「ほっかむりはパグの正装である」と広めた。写真集のモデルになった飼い主達が、いつの間にか「おパグの正装、ほっかむり!」というキャッチコピーを生み出した。

また、パグ柄の手拭いを販売する新潟県新潟市の着物屋ワズスタイルが、パグの日のほっかむりを大々的に宣伝した。着物だけで生計を立てるのは厳しくなっている昨今、彼はパグスタイルのブランド名で自身の飼い犬のパグをモチーフにしたグッズ販売を手がけ、成功していた。インスタグラムでパググッズを購入できる店として先駆者の1人になっていた彼は、その手腕でパグの日を広めるのに大いに貢献した。言わずもがなパグ柄の手拭いは大人気の商品であり、デザインのバリエーションは合計3種類出ている。(2020年8月9日現在、購入できるのは1種類2色のみ)

しかしブームは大きくなるとアンチが出てくるのは世の常である。「8月9日はパグの日」が広まるにつれ、パグを飼う人々の中には、この日は長崎原爆が投下された日である、パグにほっかむりをさせて浮かれて良い日ではないと考える人が出てきた。それを払拭したのが、東京都世田谷区のデザイナーのパグ&ピース、パグの日の登録者である。前述の通り、パグの日のほっかむりには世界中のパグの健康と平和への祈りが込められている、と定義した。8月9日のほっかむり祭りを、平和を祈る行事に置き換えることで、彼はアンチを取り込み、パグの日を不動のものとした。

2020年8月9日現在、SNS上ではほっかむりをしたパグの写真とともに、パグの日おめでとうとコメントし合う投稿で溢れている。

その他[編集]

イギリス英語では「(操車用の)小型機関車」をパグ(pug)と呼ぶことがあり[3]、汽車のえほんシリーズ[4]の第12巻『8だいの機関車』の第4話「ふとっちょの局長の機関車たち (The Fat Controller's Engines)」に脇役で登場する黒い小型サドルタンク機関車がこの名前(初期の版では「パッグ」)で呼ばれている。

脚注[編集]

  1. ^ 小島豊治『図鑑 世界の犬 純血212種』Callar 出版、2012年。
  2. ^ 松木直章 (2008年4月17日). “犬の壊死性髄膜脳炎(パグ脳炎)の病態解析”. 東京大学獣医臨床病理学研究室. 2017年9月17日閲覧。
  3. ^ 『ジーニアス英和辞典<改訂版>2色刷』編集主幹小西友七 、株式会社大修館書店、1988年初版・1994年改訂・2000年改訂7版、ISBN 4-469-04109-2、P1424。
  4. ^ TVの『きかんしゃトーマス』の原作に当たる作品だが、TVの該当話「トーマスととくべつなてがみ(Thomas and the Special Letter)」ではパグは出てこない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]