パガー・アラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Pagaralam
Other転写
 • ジャウィ文字 ڤاݢر عالم
Pagaralamの公式印章
印章
愛称: 
"Besemah"
標語: 
Besemah Kota Perjuangan (ベセマー:闘争の都市)
Lokasi Sumatra Selatan Kota Pagar Alam.svg
Pagaralamの位置(スマトラ島内)
Pagaralam
Pagaralam
パガー・アラムの位置
南緯4度1分0秒 東経103度15分0秒 / 南緯4.01667度 東経103.25000度 / -4.01667; 103.25000座標: 南緯4度1分0秒 東経103度15分0秒 / 南緯4.01667度 東経103.25000度 / -4.01667; 103.25000
インドネシア
南スマトラ州
面積
 • 合計 633.66km2
人口
(2011)
 • 合計 146,973人
等時帯 UTC+7 (WIB)
市外局番 0730
ウェブサイト pagaralamkota.go.id

パガー・アラム(ジャウィ文字: ڤاݢر عالم‎)はインドネシア南スマトラ州の都市である。市になる以前は、ラハット県英語版に属していた。面積は633,66km2、人口は14万6973人(2011年) [1] パガー・アラムはバリサーン山脈デンポ山英語版の麓に在る。デンポ山は火山で、南スマトラ州で最も高い。州都のパレンバンから南西に298km、ラハットインドネシア語版から南西に60kmの位置に在る。パガー・アラムは南にブンクル州、北にジャライ地区、東にコタ・アグン地区、西にタンジュン・サクティ地区に接する。パレンバンにはパガー・アラム産の野菜が多く流通している。高地に在るパガー・アラムは他の南スマトラ州の都市よりも少し涼しい。更に風光明媚な事から、南スマトラ州の代表的な観光地として、地元住民やパレンバン市民から愛されている。現在、市長はイダ・フィトゥリアティ、副市長はノヴィーザー・ドゥジャズリが務めている。

地理[編集]

パガー・アラムの土の殆どは紅土黒ボク土で、地勢は凸凹で丘陵性である。栄養の多い土と分類される。

人口[編集]

2000年には、パガー・アラムはの人口は11万2025人だったが、2010年には12万6035人に増加した。人口増加の理由の1つは移民である。土着のベサマー人の他に、ジャワ人ミナンカバウ人バタック人中国人アラブ人インド人が住んでいる。

行政区分[編集]

パガー・アラムには南デンポ、中央デンポ、北デンポ、南パガー・アラム、北パガー・アラムの5つの区が有る。

地区 総面積 (km²) 総人口 人口密度 (/km²) 人口成長率
南デンポ 239,08 11.708 49 -1,00 %
中央デンポ 151,96 12.595 83 1,30 %
北デンポ 123,98 19.925 161 0,46 %
南パガー・アラム 63,17 44.950 712 1,54 %
北パガー・アラム 55,47 37.185 670 2,04 %

交通[編集]

アトゥン・ブンス空港[編集]

アトゥン・ブンス空港はパガー・アラム唯一の空港である。2013年2月28日に開業した。 [2]

教育[編集]

大学[編集]

  1. Sekolah Tinggi Ilmu Tarbiyah (STIT)
  2. Sekolah Tinggi Keguruan & Ilmu Pendidikan (STKIP) Muhammadiyah Pagar Alam
  3. Sekolah Tinggi Ilmu Ekonomi (STIE) Lembah Dempo Pagar Alam

観光[編集]

パガー・アラムは潜在的観光地が多い。美しい風景だけでなく、巨石の有る場所が多い。市政府は、北パガー・アラムのクルプ・ジャヘの26haの竹林にまとまった観光地を造る予定である。 [3] パガー・アラムの観光地には以下の場所が有る。

  • ゴン石
  • デンポ茶畑
  • レマタン・インダー川
  • 滝:
    • クルプ・エンブン滝
    • クルプ・マンコク滝
    • クルプ・トゥジュー・ケナンガン滝
  • 何千もの巨石地区
  • 湖:
    • テバトゥ・ゲバン湖
    • テバトゥ・リバグ湖
  • リンバ・カンディ
  • フタン・アングレク

参考資料[編集]

外部リンク[編集]