パガーニ・ウアイラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パガーニ・ウアイラ
PaganiHuayra.jpg
2011年ジュネーブモーターショーにて
概要
販売期間 2012年 -
ボディ
乗車定員 2名
ボディタイプ 2ドアクーペ
駆動方式 MR
パワートレイン
エンジン AMG製5,980ccV型12気筒ツインターボ
変速機 エクストラック製7速シーケンシャル
車両寸法
ホイールベース 2,795mm
全長 4,605mm
全幅 2,036mm
全高 1,169mm
車両重量 1,350kg
系譜
先代 ゾンダ
テンプレートを表示

ウアイラHuayra )はイタリアパガーニ・アウトモビリ2011年に発表したハイパーカーである。

パガーニ・ウアイラ
ウアイラのコックピット

概要[編集]

2010年に生産を終了したパガーニ・ゾンダの後継機として発表された。100台のみの限定生産。車名はケチュア語で"風"を意味し、南米の先住民族が信仰する神の名でもある(パガーニの創業者、オラチオ・パガーニアルゼンチン出身)。

メカニズム[編集]

ゾンダと同様にAMGV型12気筒エンジンを搭載し、さらにツインターボによる過給がある。トランスミッションは近年高級スポーツカーにおいて主流となっているデュアルクラッチ式ではなく7速シーケンシャルである。

ドアはゾンダと異なりベンツ・300SLのようなルーフ部分にヒンジがあるガルウィングドアである。モノコックフレームはカーボンチタンを組み合わせた新開発のものである。車体の前後部には合計4枚の可変フラップがあり、空力性能の調節やエアブレーキの機能を持つ。

タイヤはピレリ製の専用のものである。

イグニッションキーは同車のミニチュアを形どっており、中央から二つに分けて使う。片方は鍵で、もう一方のパーツは車載オーディオに対応したUSBスティックである。

また、スピードメーターは415km/h(260mph)まで刻まれている。

パフォーマンス[編集]

最大出力730PS/5,000rpm、最大トルク1,000Nm/3,500rpmを発生、パワーウェイトレシオは1.85Kg/PSである。

0-100km/h加速は3.2秒、最高速度は370km/hとV12エンジン搭載スポーツカーではトップクラス性能を持つ。

バリエーション[編集]

ウアイラ730S
ウアイラBC
ロードスター(2017年)
ウアイラ・ディナスティア
中国市場4台?限定モデル。「ディナスティア」とは「王朝」という意味で、北京の紫禁城にある九龍壁からインスピレーションを得たという。ブルー・カーボンの「Baxia(覇下)」、ゴールド・カーボンの「Yazi(睚眦)」、レッド・カーボンの「Chiwen(鴟吻)」、パープル・カーボン(名称不明)という、龍が産んだとされる九匹の子「龍生九子」という中国の伝説上の生物が各ボディにあしらわれている。テールフィンなどの特別仕様のエアロパーツが特徴。
ウアイラ・730Sエディション
カーコレクターのAlejandro Saloman氏に納車されたワンオフモデル。パガーニ・ウアイラ・トリコローレをイメージしたカラーリングで、それに似たトリコローレ・ラインや、ゴールドホイールが装備されている。ブレーキキャリパーはイタリアントリコローレで塗装され、ミラー下部にもトリコローレが入っている。
ウアイラBC
2016年のジュネーブ・モーターショーで発表された特別モデル。BCとは、同社の最初の顧客であるベニー・ケイオラ氏のイニシャルから取られたものである。20台限定生産。
ウアイラ・パチェットテンペスタ
BCと共に2016年のジュネーブ・モーターショーで発表されたパガーニ純正のパフォーマンスキット。専用のエアロパーツ、サスペンション、ホイールが装備される。
ウアイラ・ロードスター
2017年のジュネーブ・モーターショーで発表。クーペ同様、100台限定生産。エクステリアに大幅な改良が加えられ、ルーフが着脱式になったため、ガルウイングドアではなくゾンダと同じ横開き式のドアである。
ウアイラ・パール
英国のカーディーラーであるRefined Marques社を通してある顧客が注文したワンオフモデル。カーボンファイバー製ボディワークが透けて見えるブラックとブルーのカラーリングが特徴的で、デザインが変更されたフロントスポイラーやデュアルリアウィング、ルーフには独特なシュノーケル型のエアインテークが設けられ、インテリアにはホワイトのレザーが使用されている。
2016年7月、パリ市内にてドライバーの運転ミスによりクラッシュ、大破している。[1]
ウアイラ・フッツーラ
2016 Lakes GT supercar rally by Marchittinoで初公開されたワンオフモデル。ブルーとブラックが基調とされたデザインになっている。
ウアイラ・イモラ
ロシアのチューニングメーカーであるTOP CAR DESIGNが特注したワンオフモデル。限定で5台のみ生産された。5台の内の1台はTOP CAR DESIGNの設立者のオレッグ・イゴロフ氏が所有しており、自身のインスタグラムで公開されている。名前の由来はイモラ・サーキットであり、同サーキットにて発表された。2021年のミラノモーターショーでは5台の内の1台が展示された。
ウアイラ・ロードスターBC
ウアイラBCのオープンモデルで、レースゲームアプリであるCSR Racing 2にて初披露され、その後ペブルビーチ・コンクール・デレガンス2019にて実車が初公開された。40台のみ限定生産される。
ウアイラBC・マッキナ・ヴォランテ
ウアイラBCの20台のワンオフモデルとして制作され、20台中の12台目。2018年のジュネーブモーターショーで公開されたが、公開時には既に納車が行われたあとだった。オーナーはクリス・シン氏。ブルーカーボンをベースに、ブラックとのツートンカラーで仕上げられている。フロントエアインテーク周りにはイタリアントリコロールが入っている。
ウアイラBC・キングタスマ
カナダで目撃されたワンオフモデル。ウアイラBCの20台のワンオフモデルとして制作され、20台の内の1台。ウアイラBCにエアインテークが追加されたデザインで、ダークガーネット(ブラックチェリー?)系のカラーリングで、イタリアントリコロールがボンネット両側に入っている。
ウアイラBC・スーパーノヴァ
カナダのパガーニ正規代理店、パガーニ・オブ・トロントがインスタグラムに投稿し、公開されたワンオフモデルである。ボディカラーは「オロローザ」。エアロパーツとディフューザーの一部にレッドとゴールドが使用されている。ホイールカラーは「ブロンゾ・キアロ」で、この上にダイアモンド・スパークルのアクセントが施されている。内装はブラックやゴールドなどが使用され、ウッドが使用されているのも特徴。
ウアイラ・プロジェクト・ボルカン
Prestige Imports Miamiのオーナーが父を偲んで発注したモデル。外装はフルカーボンで、「火山」のように真っ赤なアクセント、内装が特徴。
ウアイラ・キング
アメリカ人のオーナーに納車されたワンオフモデル。ブラックとホワイトのツートンカラーで仕上げられて、赤のアクセントが入ったカラーリング。リアフラップの裏側やヘッドレストに王冠のマークが入っている。2015年に川辺の砂利でスタックし、CR-Vに救助される動画が投稿されている。
ウアイラ・L'ウルティモ
ルイス・ハミルトンが優勝したメルセデス・AMG「ペトロナス・フォーミュラ1」をベースとしたワンオフモデル。シルバーをメインに、ブラックカーボンとブルーのトリプルトーンに仕上げられ、イエローのブレーキキャリパー、ブラックにブルーのピンストライプが加えられた合金ホイールを採用している。
ウアイラ・トリコローレ
イタリア空軍のアクロバットチームフレッチェ・トリコローリの設立60周年記念の特別モデル。3台のみ限定生産される。
ウアイラ・エルメスエディション
アメリカの実業家であるManny Khoshbinが注文したワンオフモデル。パガーニとエルメスが共同で開発・制作した。
ウアイラ・ランポ
パガーニとミラノを拠点としているガレージ・イタリア・カスタム社が共同で開発・制作したワンオフモデル。ランポはイタリア語で稲妻を意味し、1954年のフィアット・タービナ・コンセプトをモチーフにしている。
ウアイラ・ロードスター "Big Bird(ビッグ・バード)"
世界限定100台のウアイラ・ロードスターの中の1台で、ワンオフモデル。2019年にアメリカのグリニッジで走行しているところが目撃されている。イエローをベースにブラックのアクセントが入ったカラーリング。ウアイラには前後2枚ずつフラップが装備されているが、後ろのフラップ裏側には王冠のマークが描かれている。ちなみにオーナーは同じくワンオフモデルのウアイラBC・キングタスマも所有している。
ウアイラ・ロードスター・ジアファルコン
2018年のモントレー・カーウィークのペブルビーチ・コンクール・デレガンスで発表されたワンオフモデル。ジアファルコンとは体長480~650mm、体重805~2,100kgと世界最大のハヤブサである"シロハヤブサ"を意味していて、シロハヤブサはカナダアラスカ北極の寒い地方に住んでいる。外装はシロハヤブサのホワイトに翼を思い起こさせるカーボンブラック、嘴をイメージしたイエローのアクセントが入っている。車内の専用プレートには「Gyrfalcon」と刻印されている。レザーのドアパネルにイエローのジアファルコングラフィックスが刺繍されている。6.0LAMG製V型12気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力760PS/6,200rpm、最大トルク1,000Nm/2,400rpmを発揮。車両重量は1,280kg。
ウアイラR
2021年に発表されたモデル。30台限定生産。同年のミラノモーターショーで実車が展示された。

日本への輸入[編集]

輸入車販売店のビンゴスポーツがパガーニの正規ディーラーになっているため、保証付きで購入できる。

2019年からは都内を中心にハイエンド高級車15ブランドを取り扱うSKY GROUPがパガーニの正規ディーラーに加わり、神戸にショールームを構えている。

2021年からはSKY GROUPが国内で唯一となるパガーニ製車両の正規輸入と販売整備を実施しており、神戸のショールームに加えて東京の品川にショールーム付きの整備工場を構えている。

アメリカでの販売問題[編集]

2011年8月、アメリカ高速道路交通安全局(以下NHTSA)はウアイラのエアバッグが国の基準を満たしていないものとしてアメリカでの本機の販売を許可しないと発表した。パガーニ側は少量の台数を輸入するメーカーに対してエアバッグの基準適用を免除する特例措置を申請したが、NHTSAはそれを却下した。 これを受けてパガーニは400万ユーロをかけてエアバッグの改良を行い、アメリカでの販売は2013年からに延期された。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]