パガーニ・アウトモビリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パガーニ・アウトモビリ
Pagani Automobili
種類 株式会社
本社所在地 イタリアの旗 イタリア
41081
Via dell'Artigianato, 5 - Vill, La Graziosa San Cesario sul Panaro (MO)
業種 機械工業
事業内容 自動車開発・製造
代表者 オラチオ・パガーニ
従業員数 約60人
関係する人物 ファン・マヌエル・ファンジオ
外部リンク http://www.paganiautomobili.it/
テンプレートを表示

パガーニ・アウトモビリPagani Automobili )は、イタリアに本拠地を置く自動車メーカーである。

概要[編集]

創設[編集]

創始者はアルゼンチン出身で、ランボルギーニに在籍していたこともあるデザイナーのオラチオ・パガーニ(Horacio Pagani )。やはりパガーニによって率いられるモデナ・デザイン社を母体とし、イタリア北部モデナの南東約10kmに位置するサン・チェザーリオ・スル・パーナロSan Cesario sul Panaro )に本拠地を置く。

初号車[編集]

ゾンダC12S

1999年ジュネーブ・モーターショーで「ゾンダC12」を発表。卓抜したカーボン成型技術を持ち、 独特の車体と圧倒的な性能、そして非常に高価な価格で発売と同時に有名になった。

なお同車の開発にあたり、アドバイザーとしてパガーニが崇拝する、同じアルゼンチン出身で、不世出のグレートドライバーとして知られる、ファン・マヌエル・ファンジオが起用され、ファンジオの意見が随所に取り入れられている。

現在[編集]

いわゆるスーパーカーのみを生産しており、現在は「ゾンダ」の後継車の「ウアイラ」を生産している。非常に高価なスーパーカーを小規模な企業が少量生産する他の企業同様、エンジンは自社開発のものではなく、メルセデス・ベンツAMG)のものを流用している。イタリアのスーパーカーがドイツのエンジンを使うことは珍しいが、これは上記のファンジオのアイディアである。

少量生産メーカーであることを生かし、記念・特別モデルや、顧客の細かな注文に応じたワンオフモデルを多数制作している。

モータースポーツに関しては、サーキット専用モデルやプライベーターへの車両提供は行っているが、メーカとしてワークス参戦は行っていない。

車種[編集]

ウアイラ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]