パイミオのサナトリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パイミオのサナトリウム
Paimion Parantola
パイミオのサナトリウム
パイミオのサナトリウム
概要
現状 総合病院
用途 サナトリウム
建築様式 機能主義
所在地

Alvar Aallontie 275, 21540

パイミオのサナトリウムの位置(フィンランド南部内)
パイミオのサナトリウム
パイミオのサナトリウム
パイミオのサナトリウム (フィンランド南部)
パイミオのサナトリウムの位置(フィンランド内)
パイミオのサナトリウム
パイミオのサナトリウム
パイミオのサナトリウム (フィンランド)
パイミオのサナトリウムの位置(バルト海内)
パイミオのサナトリウム
パイミオのサナトリウム
パイミオのサナトリウム (バルト海)
自治体 パイミオ
 フィンランド
座標 北緯60度27分54.0秒 東経22度44分6.2秒 / 北緯60.465000度 東経22.735056度 / 60.465000; 22.735056座標: 北緯60度27分54.0秒 東経22度44分6.2秒 / 北緯60.465000度 東経22.735056度 / 60.465000; 22.735056
着工 1929年
完成 1933年
設計・建設
建築家 アルヴァ・アールト
ウェブサイト
www.paimiosanatorium.fi
テンプレートを表示

パイミオのサナトリウム[1][2][3]フィンランド語: Paimion Parantola, 英語: Paimio Sanatorium)は、フィンランドサナトリウム(結核療養所)である[4]

概要[編集]

南西スオミ県トゥルク郡英語版パイミオに所在する建築物であり、建築家アルヴァ・アールトによって設計された[1][3]。現在は、トゥルク大学付属の総合病院として用いられている[4]

トゥルク近郊にある木々に覆われた深い森の中に、機能主義と呼ばれる建築様式によって建てられた[1][5]1928年建築コンペティションの要項が発表され、翌1929年にアールトによる設計案が1等に入選した[4]1929年に着工が行われ、1933年に完成した[5][6]

アールトとその妻、アイノは、このサナトリウムのために「パイミオ・チェア」と呼ばれる安楽椅子を製作している[7]

構成[編集]

エントランス棟の南側に6階建ての病室棟があり、それぞれの病室は南東を向いているため、朝日を浴びることができる一方で、西日が避けられるようになっている[1][4]。メインエントランスに設けられた車寄せのは、意図的に左右非対称にデザインされている[8]

メインエントランスの車寄せ

病室棟の窓は、格子状にデザインされている[7]。病室棟の末端には、ガラス張りのエレベーターシャフトが設けられている[9][10]。病室棟の東側には、外気浴棟がある[11]。病室棟の廊下側の壁面には、ル・コルビュジエによって提唱された近代建築の五原則の1つである水平連続窓が採用されている[12]。最上階には、日光浴や外気浴をするためのテラスが設けられている[7]

エントランス棟の北側には、食堂棟、医師棟、サービス棟の他、自動車の車庫などがある[4]。食堂は、日光を十分に取り入れるために、天井が高く取られ、南面には大きな窓が設けられている[7]。サービス棟にある煙突に付随している白色の筒は、煙突の熱を利用して水を加熱していた装置である[7]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 『建築ガイドブック』 2009, p. 58.
  2. ^ アルヴァ・アアルト―もうひとつの自然 Alvar Aalto – Second Nature”. 青森県立美術館. 2019年3月30日閲覧。
  3. ^ a b アルヴァ・アアルト もうひとつの自然”. 美術手帖. 2019年3月30日閲覧。
  4. ^ a b c d e 平山達 (2005年3月8日). “パイミオのサナトリウム Sanatorium Paimio 1928-33 / Paimio Finland No.1”. 多摩美術大学 環境デザイン学科 (旧)平山研究室. 2019年3月30日閲覧。
  5. ^ a b 高見堅志郎. “日本大百科全書(ニッポニカ)の解説”. 美術手帖. 2019年3月30日閲覧。
  6. ^ PAIMIO SANATORIUM”. アールト財団. 2019年3月30日閲覧。
  7. ^ a b c d e 山田泰巨 (2018年10月12日). “ヨーロッパの辺境から新しい建築の姿を模索した、北欧の巨匠アルヴァ・アアルトを追って。”. CCCメディアハウス. 2019年3月30日閲覧。
  8. ^ 平山達 (2005年3月6日). “パイミオのサナトリウム Sanatorium Paimio 1928-33 / Paimio Finland No.21”. 多摩美術大学 環境デザイン学科 (旧)平山研究室. 2019年3月30日閲覧。
  9. ^ 『建築ガイドブック』 2009, p. 59.
  10. ^ 『建築ガイドブック』 2009, p. xxxviii.
  11. ^ 平山達 (2005年3月7日). “パイミオのサナトリウム Sanatorium Paimio 1928-33 / Paimio Finland No.11”. 多摩美術大学 環境デザイン学科 (旧)平山研究室. 2019年3月30日閲覧。
  12. ^ 平山達 (2005年3月6日). “パイミオのサナトリウム Sanatorium Paimio 1928-33 / Paimio Finland No.29”. 多摩美術大学 環境デザイン学科 (旧)平山研究室. 2019年3月31日閲覧。

参考文献[編集]

  • Michael Trencher『アルヴァー・アアルト 建築ガイドブック』平山達訳、丸善、2009年4月。ISBN 978-4-621-08098-6

外部リンク[編集]