バ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
地図

バ州 (英語:Ba)フィジー共和国を構成する14州のうちの一つである。フィジー最大の島、ヴィティレヴ島の北西地域を占める。フィジーで最も人口の多い州で247,708人が居住しており、これはフィジーの総人口の25%をも超える (2017年国勢調査)[1]。面積は2,634 km2 (1,017 sq mi)で、フィジーで二番目に広い州である。 バ州の主な町・地区はバ地区マゴドロナディ地区英語版, ナワカ, タヴア地区英語版ヴダ地区そしてヴィトゴである。ラウトカヤサワ諸島といったヴィティレヴ島の西部海岸地域もバ州である。 フィジー三代目大統領であるラツ・ジョセファ・イロイロ大族長議会英語版議長英語版であったラツ・オヴィニ・ボキニ英語版クーデターで退陣させられたフィジーの首相ティモシ・バヴァドラ英語版マヘンドラ・チャウドリー英語版、またラツ・テヴィタ・モモエドヌ英語版はバ州出身である。 バ州にあるヴダ岬はヴィティレヴ島にやってきたフィジー人の祖先であるメラネシアンカヌーで初めて上陸した伝統的な上陸場である。近くの村であるヴィセイセイ (イロイロ大統領の故郷)はフィジー最古の都であると伝説上考えられている。 現在のバ州の首相はラツ・テヴィタ・モモエドヌである。

出典[編集]

  1. ^ Fiji Bureau of Statistics (2018年1月5日). “2017 Population and Housing Census - Release 1”. Census 2017. 2018年4月8日閲覧。[リンク切れ]

座標: 南緯17度32分 東経177度41分 / 南緯17.533度 東経177.683度 / -17.533; 177.683