ジョセファ・イロイロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョセファ・イロイロ
Josefa Iloilo
Josefa Iloilo.jpg
ジョセファ・イロイロ

フィジーの旗 フィジー
第3代 大統領
任期 2000年7月13日2006年12月5日

フィジーの旗 フィジー
第4代 大統領
任期 2007年1月4日2009年7月30日

出生 (1920-12-29) 1920年12月29日
Flag of Fiji (1924–1970).svg フィジー、バ県ブンダ
死去 (2011-02-06) 2011年2月6日(90歳没)
フィジーの旗 フィジースバ
現職 教員
配偶者 カブー・イロイロ英語版

ジョセファ・イロイロフィジー語: Josefa Iloilo1920年12月29日 - 2011年2月6日)は、フィジー政治家。同国における部族長クラスの称号“ラツ”(Ratu)を頭に付けてラツ・ジョセファ・イロイロRatu Josefa Iloilo)と表記されることもある。同国の大統領(第3・4代)を務めた。

生涯[編集]

ビチレブ島西部ビセイセイ村生まれ。2000年7月13日に大統領に就任し、2006年に再任された。同年12月5日にクーデターが発生すると大統領の権限を奪われるが、2007年1月4日に返還された。しかしイロイロはクーデターを主導したフランク・バイニマラマ国軍司令官(首相代行、クーデター最中は大統領代行)寄りの姿勢とされ、バイニマラマの強い影響下にあるとされた。

88歳と世界でも最高齢の元首となっていた2009年7月30日、健康上の問題で大統領を退任。エペリ・ナイラティカウ英語版副大統領が大統領代行に就任し、同年11月5日に正式に第5代大統領に就任している。

2011年2月6日、病気のために死去[1]。90歳没。

脚注[編集]

  1. ^ former-fiji-president-dies Former Fiji president dies ラジオニュージーランド 6 February 2011
公職
先代:
フランク・バイニマラマ
(代行)
フィジーの旗 フィジー諸島共和国大統領
第4代:2007年 - 2009年
次代:
エペリ・ナイラティカウ英語版
先代:
カミッセ・マラ英語版
フィジーの旗 フィジー諸島共和国大統領
第3代:2000年 – 2006年
次代:
フランク・バイニマラマ
(代行)
先代:
ジョサイア・タヴァイキア英語版
イノケ・タキヴェイカタ英語版
フィジーの旗 フィジー諸島共和国副大統領
1997年 – 2000年
次代:
ジョペ・セニロリ英語版