ランバサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ランバサ[1]フィジー語: Labasa,Lambasa)は、フィジーの都市。フィジー第2の島であるバヌアレブ島最大の都市である。人口27,949人(2007年)。英字綴りの影響でラバサとも呼ばれる。

地理[編集]

ランバサはバヌアレブ島中央部北岸に位置する。 住民はインド系が多い。

経済[編集]

周辺で栽培されるサトウキビから製糖するフィジー砂糖公社の製糖工場があり、基幹産業となっている。

交通[編集]

空港[編集]

バヌアレブ島の玄関口となるランバサ空港が5km西にあり、国際空港のあるナンディや首都スバとの便がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]