バードシャー テルグの皇帝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バードシャー テルグの皇帝
Baadshah
監督 シュリーヌ・ヴァイトラ英語版
脚本 シュリーヌ・ヴァイトラ
原案 ゴピモハン英語版
コナ・ヴェンカット英語版
製作 バンドラ・ガネーシュ英語版
出演者 N・T・ラーマ・ラオ・ジュニア
カージャル・アグルワール
ナヴディープ英語版
音楽 S・タマン英語版
撮影 ジャヤナン・ヴィンセント英語版
R・D・ラジャセカール英語版
K・V・グハン英語版
I・アンドリュー
編集 M・R・ヴァルマ
製作会社 パラメスワラ・アート・プロダクション英語版
配給 世界の旗 グレート・インディア・フィルムズ
日本の旗 太秦
公開 インドの旗 2013年4月5日[1]
日本の旗 2014年8月9日
上映時間 164分[2]
製作国 インドの旗 インド
言語 テルグ語
製作費 ₹560,000,000[3]
興行収入 ₹860,000,000[3]
テンプレートを表示

バードシャー テルグの皇帝』(バードシャー テルグのこうてい、原題:Baadshah)は、2013年に公開されたインドアクションコメディ映画シュリーヌ・ヴァイトラ英語版が監督、バンドラ・ガネーシュ英語版がプロデューサーを務め、彼が経営するパラメスワラ・アート・プロダクション英語版が製作を手掛けている[4]N・T・ラーマ・ラオ・ジュニアが主演を務め、カージャル・アグルワールナヴディープ英語版が出演している。サウンドトラックはS・タマン英語版が作成している[5]。撮影はジャヤナン・ヴィンセント英語版R・D・ラジャセカール英語版K・V・グハン英語版が担当している[3][6][7]

2013年4月5日に公開された本作は批評家から高く評価され、興行的にも「スーパーヒット」を記録した[8]。日本では2014年に大阪アジアン映画祭で初上映された[9]。世界の上映スクリーン数は1550を記録した[10]

あらすじ[編集]

「バードシャー」の異名を持つラーマ・ラオは、香港を拠点とするマフィアのクレイジー・ロバートに捕らえられた父ダンラージを助け出す。数日後、ミラノに向かったバードシャーはハイデラバード警察長官ジャヤクリシュナの娘で、社会活動家のジャーナキと接触するため自殺志願者を装い彼女に近づく。ジャーナキは自殺を思い留まらせようとバードシャーを説得するうち、次第に彼の魅力に惹かれていく。同じころ、ハイデラバードでは殉職したバララーム捜査官の葬儀が執り行われており、彼の部下アーディは犯人はバードシャーだと告げる。

バードシャーの父ダンラージは東南アジア一帯を支配下に置くマフィア、サードゥ・バーイの部下としてカジノを経営しており、バードシャーもマフィアの一員として競合相手のヴァイオレント・ヴィクター、ルースレス・ジョニー父子との抗争に明け暮れていた。ジョニーを殺した手柄でマカオの支配権を手に入れたバードシャーだったが、息子の復讐を企むヴィクターはサードゥと手を組み、バードシャーの台頭を恐れるサードゥは彼を殺そうとする。サードゥとヴィクターに叔父を殺されたバードシャーはヴィクターを殺し、サードゥはヴィクターの弟ロバートと手を組む。サードゥはインドで大規模な爆弾テロを計画し、情報を入手した警察庁長官ラームチャンダルはバララームを派遣して爆弾を押収させようとするが、サードゥと内通しているアーディによって彼は殺される。

サードゥの刺客を撃退したバードシャーは雇い主であるラームチャンダルと連絡を取り、彼の姪ジャーナキとアーディの結婚を阻止するため、彼女と叔父ゴーピクリシュナ一家と共にハイデラバードに帰国する。バードシャーは結婚プランナーに扮してジャヤクリシュナの信用を得てシンハ家に潜り込み、サードゥを誘い出すための計画を練る。バードシャーは厳格なジャヤクリシュナに虐げられている妹婿パドマナーバに目をつけ、「願いが叶う夢を見せる装置」を作動させて彼の活躍に見せかけてサードゥ一味を倒し、爆弾を押収する。計画を阻止されたサードゥはハイデラバードに乗り込み情報屋を殺し、アーディにバードシャーに協力している警察関係者を探るように命令する。一方、バードシャーは母とジャーナキに自分の正体がマフィアであることが露見してしまう。バードシャーはかつてサードゥの爆弾テロで犠牲になった義兄シッドゥの復讐を果たすために警察官を目指したものの、マフィアの息子であることを理由に採用を拒否され、父の告訴を取り下げることを条件にラームチャンダルの協力者になったことを告げる。

結婚式前夜のパーティの席上、アーディはパドマナーバを泥酔させてバードシャーの雇い主を聞き出そうとするが失敗し、式場で騒ぎを起こしたことでジャヤクリシュナの怒りに触れて婚約を破棄されてしまう。ラームチャンダルとパドマナーバを拉致してバードシャーの計画を知ったサードゥとロバートはハイデラバードから逃亡しようとするが、バードシャーに先回りされ逃亡を阻止されてしまう。バードシャーは襲いかかってきたサードゥたちを返り討ちにして復讐を果たし、ジャーナキと結婚式を挙げる。

キャスト[編集]

N・T・ラーマ・ラオ・ジュニア
カージャル・アグルワール

製作[編集]

企画[編集]

Dookudu』完成後の2011年7月、シュリーヌ・ヴァイトラ英語版N・T・ラーマ・ラオ・ジュニア主演、バンドラ・ガネーシュ英語版パラメスワラ・アート・プロダクション英語版が製作を担当する次回作の製作を発表した。ヴァイトラは2か月間の期間を置いて製作を開始することを付け加えた。この時点での映画のタイトルは「Manchi Kutumba Katha Chitram」だったが、2012年1月に正式なタイトルが「Baadshah」であることが発表された[11]。同年2月に公開イベントが公開されることが報じられた[12]。しかし、実際にハイデラバードのラマナイドゥ・スタジオでイベントが開催されたのは3月18日であり、ラーム・チャランヴェンカテーシュ・ダッグバーティが出席した[13]

キャスティング[編集]

製作チームには『Dookudu』に引き続きS・タマン英語版が参加している[14]。ラーマ・ラオ・ジュニアは、自身の新たなキャラクターを開拓するために出演を決めた[15]。また、彼の演じるキャラクターには複数の側面があることが報じられた[16]。製作チームは当初サマンタ・ルス・プラブ英語版の起用を検討していたが、彼女は多忙なスケジュールのため出演することはできなかった。最終的にヒロイン役にはカージャル・アグルワールが起用され、彼女とラーマ・ラオ・ジュニアは『Brindavanam』以来2度目の共演となった[17]。悪役の一人にはナヴディープ英語版が起用され、バードシャーの兄役としてシッダールト英語版が起用された[18]。2013年3月にはスハーシニ・マニラトナム英語版がバードシャーの母親役として出演することが発表された[19]マヘーシュ・バーブ英語版が映画の一部分でナレーションを担当することが報じられ、様々な憶測が流れた後、複数の重要シーンでボイスオーバーとして登場することが発表された[20]ブラフマーナンダムは警官役として起用され、彼の役は非常に特別であると発表された[21]。アイテム・ナンバーにはメーナクシ・ディクシット英語版とニコール・エイミー・マデルが起用された[22][23]

撮影[編集]

当初、撮影は2012年6月15日を予定していた[24]。実際に主要撮影が始まったのはソウルからミラノに移動した後の7月1日からだった[25]。撮影スケジュールはヨーロッパで行われると言われていたが、イタリアで重要シーンを撮影した後は2曲の歌唱パートといくつかの重要シーンを撮影したのみだった[26][27]。ヨーロッパでの撮影を終えた後は、バンコクに移動して撮影が行われた[28]。同地ではマフィアのバックグラウンドに関する重要シーンが撮影され[29]、9月25日に同地での撮影が終了し、この時点で全体の60%の撮影が終了した[30]

バンコクでの撮影終了後はハイデラバードでコメディシーンなどの撮影が行われた[31]。同地ではノボテルでの撮影も行われ、ラーマ・ラオ・ジュニアとリシの対話シーンが撮影された[32]。10月第2週から同地での撮影が再開され[33]、映画のハイライトシーンがガチボウリ英語版のアルミニウム工場に建てられた巨大なセットで撮影された[33]。いくつかのアクションシーンを撮影した後、11月に重要シーンの撮影が行われた[34]。12月にはラジーヴ・ガンディー国際空港で3日間撮影が行われ[35]、同月からナブディープが撮影に参加した[36]。その後はカチグダ英語版の寺院やハイデラバードのホテル・ダスパラで撮影が行われ[37]、ラーマ・ラオ・ジュニアとナブディープ、ドルジーなどが参加してナーガールジュナ・サーガル・ダム英語版で1週間かけてクライマックスシーンが撮影された[38]。その後はアンナプルナ・スタジオでラーマ・ラオ・ジュニアの歌唱シーンが撮影された[39]。ノボテルのパッチワークがほとんど完成していなかったため、すべての撮影が終了したのは2013年3月15日だった[40]

音楽[編集]

音楽はヴァイトラ、ラーマ・ラオ・ジュニアと仕事をした経験のあるタマンが担当し、ウダカマンダラムで話し合いが行われた[41]。サウンドトラックは6つのトラックで構成されており、それぞれタマン、ラマジョガッヤ・サストリー英語版クリシュナ・チャイタニア英語版、ヴィシュワ、バスカラバトラ・ラヴィ・クマール英語版が手掛けている。ハイデラバードのラマナイドゥ・スタジオで発表会が行われた後、2013年3月17日にアーディティア・ミュージック英語版から発売された[42]

公開[編集]

ハリ・ヴェンカテーシュワラ・フィルムズはグンドゥールの配給権、スリ・ニケタン・フィルムズはネルールの配給権をそれぞれ獲得した[43]。バラス・ピクチャーズはヴィシャーカパトナムの配給権を4100万ルピーで購入した[44]。映画のレイティングは「U/A」に指定され、2013年4月5日に公開された[45][46]。チケットの販売は4月2日から開始された[47]アメリカ合衆国では記録的な数の劇場で上映された[48]

評価[編集]

興行収入[編集]

ラーマ・ラオ・ジュニアにとっては興行的に失敗した『Shakti』『Dammu』以来の主演作であり、観客からの期待が高かった。映画は公開第1週末に世界合計で3億3000ルピーの興行収入を記録する「スーパーヒット」となり、ヴァイトラ作品としては7番目のヒット作となった[49]。海外市場では公開第1週に930万ルピーの興行収入を記録し、公開第3週の合計興行収入は4億2710万ルピーを記録した[50]

インドでは公開された大都市全て大きな反響を呼び、公開3日間でチケットが完売した[51]。公開初日はシングルスクリーン、シネマコンプレックスの両方で満席となった。映画館には事前予約が殺到し、公開日早朝には完売していた[52]アーンドラ・プラデーシュ州では公開40日間で5億6020万ルピーの興行収入を記録し、2013年5月24日には60館で上映日数50日を記録した[53]。7月13日には5館で上映日数100日を記録した[54]

アメリカでは108スクリーンで合計23万4686ドルの興行収入を記録し、それまでアメリカで公開されたラーマ・ラオ・ジュニア主演作の中で最大のヒット作となり[55]、同時に『Seethamma Vakitlo Sirimalle Chettu』の記録を更新した[56]タラン・アダルシュによるとアメリカでは公開3日間で興行収入が100万ドルを記録し、公開初週末で100万ドルを記録した初めてのテルグ語映画になったという[57]

批評[編集]

ザ・タイムズ・オブ・インディアは「『バードシャー テルグの皇帝』はラーマ・ラオ・ジュニアのファンのためにあります。しかし、ファン以外の観客もコメディ要素とラーマ・ラオ・ジュニアの強力な存在感のために映画を楽しむことができます」と批評している[58]。Idlebrainは3.25/5の星を与え、「『バードシャー テルグの皇帝』はシュリーヌ・ヴァイトラがラーマ・ラオ・ジュニアとブラフマーナンダムを効果的に活用してエンターテインメントを提供する映画です。ラーマ・ラオ・ジュニアは長いギャップの後に良い興行成績を持つ主演作を手に入れました。それは、彼のスターとしての力とヴァイトラのブランド力をさらに引き上げます」と批評している[59]。123テルグは「『バードシャー テルグの皇帝』は夏休みには最適なエンターテイナーです。ラーマ・ラオ・ジュニア、カージャル、ブラフマーナンダム、そしてナラヤナの素晴らしい演技は楽しい後半へと繋がり、映画にとってプラスのポイントになっています。シュリーヌ・ヴァイトラの過去の企画と似ているにも関わらず、非常に面白く観れます。今週末は『バードシャー テルグの皇帝』を観て下さい。面白さは保証付きです!」と批評している[60]

Oneindia Entertainmentは3.5/5の星を与え、「『バードシャー テルグの皇帝』は良いマサラ・エンターテイナーであり、主要キャストの素晴らしい演技とサウンド・プロダクションには価値があります。映画はあらゆる観客の心をつかみます。これはラーマ・ラオ・ジュニアのファンのための映画です。ヤング・タイガーの活躍を見逃すことのないように」と批評している[61]。SuperGoodMoviesは4/5の星を与え、「ラーマ・ラオ・ジュニア、カージャル主演の『バードシャー テルグの皇帝』は今夏の成功したエンターテイナーです。全ての俳優の輝かしい演技がマッチしたエンターテインメント映画です。シュリーヌ・ヴァイトラは全てのプロジェクトで証明しました。完璧なエンターテインメントが保証されています」と批評している[62]

ソフト化[編集]

2013年7月19日にバヴァニDVDカンパニーからVCD、DVD、Blu-rayが発売された[63][64]

出典[編集]

  1. ^ Baadshah's audio on March 10”. 123telugu.com (2013年1月12日). 2013年1月12日閲覧。
  2. ^ Baadshah run time locked”. 123telugu.com (2013年3月26日). 2013年3月26日閲覧。
  3. ^ a b c NTR's Baadshah budget in danger zone?”. The Times of India (2013年1月31日). 2018年9月22日閲覧。
  4. ^ Junior NTR's Badshah to take of on Mar 18”. entertainment.oneindia.in. 2012年2月28日閲覧。
  5. ^ Thaman's lively song for NTR's Baadshah”. telugumirchi.com. 2018年9月19日閲覧。
  6. ^ Cameraman change for Baadshah continues”. telugu.way2movies.com. 2018年9月19日閲覧。
  7. ^ Junior NTR goes to Italy for Baadshah shoot”. bharatmovies.com. 2012年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月15日閲覧。
  8. ^ NTR's 'Baadshah' ready for release on April 5”. indiaglitz.com (2013年1月15日). 2013年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月16日閲覧。
  9. ^ 'NTR’s Baadshah in Japanese Film Festival'”. 123telugu.com (2013年2月11日). 2014年2月12日閲覧。
  10. ^ ‘Badshah’ claims release in most screens. The Hindu. 5 April 2013
  11. ^ Jr NTR is Badshah for Srinu Vaitla!”. chitramala.in. 2012年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月22日閲覧。
  12. ^ NTR, Srinu Vytla film from Feb”. Sify.com. 2011年11月29日閲覧。
  13. ^ Baadshah launch”. english.bharatone.com. 2012年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月4日閲覧。
  14. ^ Jr NTR as Badshah”. Deccan Chronicle. 2012年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月23日閲覧。
  15. ^ Jr.NTR goes lean for Srinu Vytla's Baadshah”. telugu.way2movies.com. 2012年8月4日閲覧。
  16. ^ Jr NTR Multiple Shades in Baadshah”. movies.infoonlinepages.com. 2013年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月19日閲覧。
  17. ^ Jr.NTR to romance Kajal in Srinu Vytla film”. way2movies.com. 2011年12月20日閲覧。
  18. ^ Siddharth's special appearance in NTR's 'Baadshah'”. IndiaGlitz. 2013年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月6日閲覧。
  19. ^ Suhasini as Baadshah’s Mother”. SuperGoodMovies. 2013年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月6日閲覧。
  20. ^ Mahesh Babu’s voice over for NTR’s Baadshah”. The Times of India. 2013年3月20日閲覧。
  21. ^ Brahmanandam Doing A Cop Role In Ntr’s Baadshah?”. telugumovie.co. 2013年11月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月7日閲覧。
  22. ^ Dookudu item beauty for Jr. NTR's Baadshah!!”. superwoods.com. 2013年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月22日閲覧。
  23. ^ Brazilian girl for Baadshah item song”. Apnewscorner. 2013年2月7日閲覧。
  24. ^ Baadshah to start rolling from June 15”. The Times of India. 2012年6月1日閲覧。
  25. ^ Jr NTR's Baadshah to be shot in Italy”. The Times of India (2012年4月3日). 2012年8月4日閲覧。
  26. ^ Baadshah completes first schedule”. idlebrain.com (2012年7月30日). 2013年1月15日閲覧。
  27. ^ Jr NTR 'Baadshah' completes First Schedule”. supergoodmovies.com (2012年7月29日). 2012年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月15日閲覧。
  28. ^ Jr NTR Badshah Next Schedule in Bangkok”. supergoodmovies.com (2012年8月5日). 2012年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月15日閲覧。
  29. ^ Baadshah`s Bangkok schedule”. Sify.com. 2012年8月10日閲覧。
  30. ^ Baadshah to continue in Bangkok till Sept 25”. raagalahari.com. 2012年8月23日閲覧。
  31. ^ Jr Ntr's Baadshah New Schedule begins in Hyderabad”. timesofap.com. 2013年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月16日閲覧。
  32. ^ Badshah progressing at Novotel”. SuperGoodMovies. 2012年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月25日閲覧。
  33. ^ a b Baadshah new schedule begins today”. raagalahari.com. 2012年10月13日閲覧。
  34. ^ NTR-Kajal to sizzle in City of Pearls for Baadshah”. raagalahari.com. 2012年11月8日閲覧。
  35. ^ NTR’s Baadshah in Shamshabad Airport”. cineoutlook.com. 2013年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月6日閲覧。
  36. ^ Navdeep joins shooting for NTR's Baadshah”. The Times of India. 2012年12月19日閲覧。
  37. ^ Sreenu Vaitla restarts Baadshah shooting after returning from Sabarimala”. raagalahari.com. 2012年12月11日閲覧。
  38. ^ Baadshah climax shoot complete”. tollywoodandhra.in. 2013年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月3日閲覧。
  39. ^ NTR's Baadshah song shooting in Annapurna 7 acres”. andhravilas.in. 2013年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月3日閲覧。
  40. ^ Baadshah shooting wrapped up”. IQLikmovies. 2013年3月15日閲覧。
  41. ^ Jr NTR's 'Badshah' Music Sittings in Ooty”. supergoodmovies.com (2012年5月7日). 2012年7月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月4日閲覧。
  42. ^ Karthik, Pasupulate (2013年3月6日). “[http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2013-03-06/news-interviews/37 499429_1_baadshah-music-album-filmmakers Baadshah audio launch postponed]”. The Times of India. 2013年3月11日閲覧。
  43. ^ NTR's 'Badshah' creating ripples in business circles”. supergoodmovies.com (2012年5月16日). 2012年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月15日閲覧。
  44. ^ Jr Ntr-s Baadshah Vizag Rights Sold for record Price”. timesofap.com (2013年2月1日). 2013年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月1日閲覧。
  45. ^ Baadshah release on April 5”. idlebrain.com (2013年1月13日). 2013年1月13日閲覧。
  46. ^ Baadshah gets U/A”. 123telugu.com (2013年4月1日). 2013年4月1日閲覧。
  47. ^ Baadshah benefit show tickets hungama”. apherald.com (2013年4月3日). 2013年4月3日閲覧。
  48. ^ BAADSHA PREMIERE SHOWS SCHEDULE in USA from Apr 4th”. idlebrain.com (2013年4月3日). 2013年4月3日閲覧。
  49. ^ Shekhar (2013年4月8日). “Junior NTR strikes gold at Box Office with Baadshah”. entertainment.oneindia.in. 2013年4月8日閲覧。
  50. ^ Baadshah 3 Weeks Worldwide Box Office Collection Share”. timesofap.com (2013年4月26日). 2013年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月28日閲覧。
  51. ^ Baadshah running to packed houses all over”. 123telugu.com (2013年4月6日). 2013年4月6日閲覧。
  52. ^ Shekhar (2013年4月5日). “Jr NTR's Baadshah gets grand opening at Box Office”. entertainment.oneindia.in. 2013年4月5日閲覧。
  53. ^ Baadshah completes 50 days in 60 centers”. raagalahari.com (2013年5月23日). 2013年5月24日閲覧。
  54. ^ Baadshah completes 100 days”. raagalahari.com (2013年7月13日). 2013年7月14日閲覧。
  55. ^ Baadshah collects 2.34K USD for USA premieres, joins the top 10 list of day grossers in USA for 4 April”. idlebrain.com (2013年4月6日). 2013年4月6日閲覧。
  56. ^ Shekhar (2013年4月6日). “Baadshah beats first day collection record of Mahesh's SVSC”. entertainment.oneindia.in. 2013年4月6日閲覧。
  57. ^ Baadshah crosses 1 Million Mark in US”. 123telugu.com (2013年4月8日). 2013年4月8日閲覧。
  58. ^ Baadshah Telugu movie review highlights”. The Times of India. 2013年4月5日閲覧。
  59. ^ NTR Baadshah review – Telugu cinema – NTR & Kajal Agarwal”. idlebrain.com. 2013年4月5日閲覧。
  60. ^ First on Net Review : Baadshah – Entertainment Guaranteed”. 123telugu.com. 2013年4月5日閲覧。
  61. ^ Baadshah – Movie Review: 100% entertainer”. entertainment.oneindia.in. 2013年4月5日閲覧。
  62. ^ Baadshah Movie Review”. supergoodmovies.com. 2013年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月5日閲覧。
  63. ^ Baadshah DTS® (Pre-Order)”. bhavanidvd.com (2013年7月19日). 2013年7月21日閲覧。
  64. ^ Baadshah Blu-ray (Telugu Blu-ray) (Pre-Order)”. bhavanidvd.com (2013年7月19日). 2013年7月21日閲覧。

外部リンク[編集]