バルトリハリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バルトリハリ: Bhartṛhari, भर्तृहरि)は、インドの詩人、文法学者。5世紀ごろの人物とされており、サンスクリット語の著作が伝承されているが、詩と文法学はそれぞれ別人の業績とする説もある。バルトリハリの人物像については数多くの伝説が残されている。

インドに渡った唐僧義浄の『南海寄帰内法伝』に、文法学者バルトリハリについての記述がある。義浄によれば、バルトリハリは文法学者パーニニについてのパタンジャリの注釈書を研究したとされ、言語哲学書『ヴァーキヤ・パディーヤ英語版文章単語論(三章篇)』を書いたとされる。そこで彼は,宇宙の根本原理は言語ブラフマンであり,諸現象はその仮現であるとしている。[1]彼の主張は「言葉はブラフマンである」という宣言だと言えよう。[2]

また、詩人としてのバルトリハリの作品は、10世紀から14世紀にかけて『シャタカ』としてまとめられた。天国へ至る道についての『離欲百頌』、世俗の交際についての『処世百頌』、恋愛についての『恋愛百頌』の三つがあり『 三百頌英語版』と呼ばれる。17世紀にはアブラハム・ローゲルオランダ語に翻訳、ヨーロッパにも伝わった。

著作(主な日本語研究)[編集]

  • 上村勝彦 『インドの詩人―バルトリハリとビルハナ』 春秋社、1982年 - 『三百頌』の翻訳を収録
  • 『古典インドの言語哲学』 赤松明彦訳・注解、平凡社〈東洋文庫〉全2巻、1998年 - 『ヴァーキヤ・パディーヤ』の翻訳を収録

出典・脚注[編集]

  1. ^ 清島秀樹 (1987年4月10日). 『仏教・インド思想辞典』,文法学派. 春秋社. p. 400 
  2. ^ 赤松明彦 (2018年3月20日). 『インド哲学10講』. 岩波書店. p. 191 
  • 上村勝彦『インドの詩人』の解説
  • 赤松明彦『古典インドの言語哲学』の解説

関連項目[編集]

外部リンク[編集]